全国5万人が受講している「サイタ」

iMovie使い方入門講座

iMovie使い方入門講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格動画編集ソフト入門講座iMovie大阪 SWD iMovie使い方教室 スクールブログ Apple I...

Apple IDの必要性!

インターネットのサービスを使うとユーザー名やパスワードなどたくさん管理しなければならないものが出てきます。

残念ながらこの管理に最適なものはなく、ノートなどにメモしておくというアナログな方法をとるしかありません。

Apple IDはAppleのサービスを利用する上で欠かせないものになります。
製品情報の管理や音楽やアプリの購入もApple IDにて管理されています。

なので、iPhoneで買った音楽はMacやWindowsのiTunesで再生できるわけです。
 ※iTunesでApple IDを認証しておかなければいけません


また、パスワードを忘れてしまうとメールアドレスが分かっていれば比較的簡単に復活できますが、うまくいかなかった場合はAppleに電話してパスワードリセットしなければいけないので大変なことになりますのでパスワードは忘れないようにしてください!


Apple IDはメールアドレスを決まっています。
個人で複数のIDを作成しても問題ありません。

でも、購入した音楽やアプリ他の機器との連携を考えるならば1つのApple IDを利用する方が使い勝手がいいです。

家族の購入した音楽を聴きたい場合はApple IDをファミリー設定をすることもできます。
ファミリー設定することでそれぞれのApple IDで購入したコンテンツ(音楽・アプリ)を共有できるので同じコンテンツにそれぞれお金を払うことなく節約できます。
 ※ファミリー設定にはクレジットカードの登録が必要になります!


また、Apple IDはiCloud(アイクラウド)というAppleのクラウドサービスを利用することができます。

iCloudを設定することで連絡先などをインターネット上にバックアップできます。

つまり、iPhoneの紛失・破損などでデータがなくなってしまっても連絡先はインターネット上から取り戻すことができます。
 ※データがiCloudに保存されていることが必須


他にもカレンダーやsafariのブックマークをiPhoneやiPad・Macにも共有できます。
少し頑張って設定すればWindowsとのブックマークも可能です。

カメラロールとフォトストリームの違いなど日常ではあまり考えることのない感覚で動作していますので理解されて使っている方が少ないのが現状です。

iCloudについては体験レッスンで詳しく説明しておりますので、興味があれば体験レッスンをお申し込みください。

お申込みお待ちしております。

 

(2016年2月5日(金) 11:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

Mac初心者も安心!iPhoneを始めカスタマーサポート経験豊富な先生

SWD iMovie使い方教室
澤田博明 (iMovie)

新大阪・梅田/大阪・芦屋・住吉・三ノ宮・天王寺・京橋・海老江・宝塚・難波・武庫之荘・...

ブログ記事 ページ先頭へ