Web・デザインスクールIllustrator教室東京 さくらデザイン事務所 熊木孝幸コーチへインタビュー

熊木孝幸コーチへインタビュー

Q1スクールで大切にしていること、教えてください!

さくらデザイン事務所

単にイラストレーターやフォトショップの使い方だけなら
本を根気よく見たり、チュートリアルをやることで
独学で学ぶことも可能ですよね。

しかしデザインはその前の発想、構成の作業が一番大切なんです。
最初からプロのようなデザインをできる人はどこにもいません。
プロのようになるには、それだけの「引き出し」を多くしてゆかなくては
ならないのです。そのための発想方法を知らないと
なかなか引き出しの中身が増えません。

もしプロになりたいという方、またはデザインの世界に
就職等を考えているのでしたら、そのためにはどうしたらいいのか
その道筋を自らグランドデザインする必要があります。

私はそのためのお手伝いやアドバイスをさせていただきたいと
思っています。それはもしかするとデザイン学校でも
学べないことじゃないかとも思うのです。

(実際デザイン学校を卒業するという学生さんを研修という
名目でお預かりしたことがあるのですが、実践で使える
スキルや作品数が圧倒的に不足していました。)

Q2イラストレーター初心者へメッセージをお願いします!

さくらデザイン事務所

わたしはデザインを現場でおぼえたタイプです。
デザイン学校にも行ってませんし、勉強も
仕事をしながらやってきました。

初心者の方はまずこのスクールでどんなことを
学びたいのか、どのレベルを目標にしたいのかを
一緒に捜してみましょう。
簡単なデザインであれば、ボクらのようなプロフェッショナルの
アドバイスを受けることで驚くぐらい上達しますよ。

しかし、本物のプロになるには、それなりの時間が必要です。
デザインの仕事というのは職人的ともいえる
ロジッカルな細かい作業です。セオリーも覚えなければなりませんし
経験がものをいう世界なのです。

一見派手でカッコよく見える発想、才能という部分は
そんな仕事をしながら、仕事全体が見えてくる経験3年ぐらいから
自然に見えてくるものなのです。

才能があるとかないとかは、基本的に
地味な作業を積み重ねた上のものだと考えてくださいね。

少し厳しいことを書いていますが、はじめてみなければ
なにも進みません。現実もふまえた上で
具体的な上達の方法を一緒に捜しましょう!!

Q3イラストレーター上級者へメッセージをお願いします!

さくらデザイン事務所

自分でもいつも「これでいいのか」という葛藤をかかえながら
仕事をしています。「もっと時間があったら」「予算があったら」
というジレンマは常にありますね。

しかしその時の条件、時間で最大限のものを作る。
苦しくても乗り越えるしかないと思います。
経験10年ぐらいはずっとそれのくり返しです。
しかしくり返しているうちにだんだん見えて来るものがあります。
そこに到達するまで、悩み、苦しむしかないでしょう。

とはいえ、自分もまだまだその途中ではありますが
多少の手助けはできるかもしれませんね。

Illustrator教室 無料体験レッスン

イラストレーター初心者も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン
熊木孝幸 先生
担当:熊木孝幸 先生

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる