Web・デザインスクールIllustrator教室東京 イラストとデザイン、の教室 北村裕樹コーチへインタビュー

北村裕樹コーチへインタビュー

Q1スクールで大切にしていること、教えてください!

イラストとデザイン、の教室

「ぜひ、君と一緒に働きたい」

最終面接のときに言われたこの言葉が、どれだけ身に染みたか。センスや才能といった部分をあてにできなかった私はその場で笑いながら泣きました。

一流にはなれないかもしれないが、頑張っていれば二流にはなれる。当時グラフィックデザインを教えてくれていた先生のその言葉を信じ、ゼロからスタートの私でもなにか出来るんじゃないかと、熱意と憧れを持って、不器用に進んでこれたからこそ今があると思います。

グラフィックデザインはセンスや才能といった部分も少なからずあると思いますが、それ以上に大切なものがあると私は思います。それは続ける意思です。目標と自分の力とのと距離を図るばかりに、自分では無理だとあきらめてしまうことがありますが、続けていれば必ず見えてくるものがあります。歩きだせれば目標の半分はこなしているのではないかと私は思います。

私自身の境遇も踏まえ、この教室が一番大切にしたいことは、最初の熱意を大切にして、それは消さないように、楽しくスキルを磨いていくということです。基礎を学び、自分をイラストやデザインで表現することができるよう、お手伝いできればと思います。





Q2イラストレーター初心者へメッセージをお願いします!

イラストとデザイン、の教室

想えることは現実になる。

僕は今までを振り返ってみるとそんな気がします。表現してお金を稼ぎたいという漠然とした夢を持っていた高校生だった僕です。絵が下手で美術学校に通うものの大学に落ちてしまい、浪人する勇気も持てず、専門学校に入学。

こうなればいいなという想いとは裏腹に日々は単調に過ぎて行きました。気づけばみんなが就職活動をしていました。自分がなりたいものに折り合いをつけてみんな就職していきました。

僕はというと学校で習ったイラストレーター、フォトショップなどを独学で一から覚えなおしました。その時間は在学中の何倍も理解でき、とても貴重な時間だったと思います。

そんな日々が続き、今では自分も本来の夢であったイラストレーター、フォトショップなどを使用して、いろいろなものを表現し、頭の中にあるものを目に見えるようにする仕事をしています。

なにもなかった自分になにかをくれたのは、確実に想いの部分でした。すべてはこうしたいと思ったところから始まるんじゃないかと僕は思います。

Q3イラストレーター上級者へメッセージをお願いします!

イラストとデザイン、の教室

いかにツールを使いこなすかということばかり考えている。

自分の制作したものに愛着は当然あるが、もっとなにかできるんじゃないか、もっといいものが作れるんじゃないかと日々自問自答しています。

でも、自分と自分の会話の中では自分以上のものは生まれてこないことが分かりました。

なにかとだれかと向き合うとき、初めて自分以上のものができるのではないかと思います。

ツールのことを一緒に考え、向き合い話し合っていけたらもっともっとツールとしての動かし方が増えていくのではないかと思います。

Illustrator教室 無料体験レッスン

イラストレーター初心者も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン
北村裕樹 先生
担当:北村裕樹 先生

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる