サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室東京 I&N デザインスクール 受講生インタビュー

I&N デザインスクール 受講生インタビュー

小川真耶さん
独学でイラストレーターを学んでいくための第一歩として、短期でレッスン受講。1ヶ月のレッスンを受講いただいた後、本インタビューにご協力をいただきました。
石田憲子先生
東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒。 在学中は油画から版画技法、現代美術表現まで幅広く学び、卒業後は美術作品の発表とデザイン業務を行う。

最初は先生と馴染めるか不安でした

まずは石田コーチから小川さんのご紹介をお願いします。

(石田先生)

目的意識がハッキリしていらっしゃるので、飲み込みがスムーズなんです。 お仕事が忙しいと思うのですが、とても真面目にレッスンを聞いてくれる生徒さんですね。

(小川さん)

携帯サイトの運営会社で働いているんですが、簡単なページの作成とかを行う時などにイラストレーターを使ったりしています。

石田先生のレッスンはどんなレッスンでしょうか?

(小川さん)

ある程度わかっている部分は省略しながらレッスンをしてくれて、気になるちょっとしたコツとかを教えてくれたりします。最初にゴールをハッキリさせて、「そのためにはこうするといい」「こういう事ができるといい」と説明してもらって、レッスンをやっていただきました。最初はちょっとイラストレーターに苦手意識があったんですけど、これから自分でも学習できそうだなって思いましたね。

レッスンを受ける前はどんなことを考えていましたか?

(小川さん)

「先生と馴染めるかな…?」という事ですね。
待ち合わせに関しては、このカフェが空いているのと、パソコンを持って待っていたので、すぐわかりました(笑)。
色々不安はありましたが、最初お会いして開始5分くらいで、話し方や笑顔で、すごく話しやすい方だなって安心しました。
2回目以降のレッスンでは「こんな事がしたいな」といった事を考えながらレッスンに来てました。

石田先生は、レッスン前どういったことを考えていますか?

(石田先生)

私は、お申し込み時に書いていただく生徒さんの「○○がしたいです」というプロフィールをみて、色々準備したり、レッスンをイメージしたりしています。
小川さんの場合、「携帯向けのアイコンを作りたい」ということだったので、先に私の方で調べてからレッスンをしました(笑)。

生徒さんの「これがやりたい」という気持ちにできるかぎり応えてあげたい

レッスンで気をつけていることはありますか?

(石田先生)

皆さん経験やバックグラウンドがバラバラなので、それぞれの業務での用途やシーンに反映できるように努めてレッスンしています。
ソフトの使い方自体は、操作なので難しいことはないんです。だから、生徒さんの目的や目標にあわせてレッスンをすることが大切だと思います。
操作方法など簡単な説明で済む場合もありますが、仕事の規模が自分ひとりで完結しないサイズの仕事になると、いろんな人にわかりやすくデータを作っていかないといけないとか、連携が取れるようにしないといけないとか、ファイル形式を変換するときにおかしくならないか、とかまで考えなくてはいけなかったりしますよね。

実際レッスンではどんなことをやったのか、レッスンノートを見せてもらって良いでしょうか?

■初回レッスン
イラストレーターの基本操作を学習。ページ設定と環境設定、ペンツールを使ったベジェ曲線の扱い、ショートカット、色の扱い、文字の入力をご友人へのお祝いカードを実際に作りながら学習しました。小川さんはイラストレーターを扱ったことがあるので、授業はスムーズでしたね。あと2回の体験レッスンを通してたくさん吸収して頂きたいと思います。

■2回目レッスン
前回に引き続きお祝いカードを作りました。バラの写真をクリッピングマスクを使って切り抜き配置しました。また背景に使う柄をスウォッチをリストから選びました。結果、小川さんらしい個性的で魅力的なイメージを楽しく作りあげることができました。
時間が足りなくなってしまいましたが、かなり完成のイメージには近づいたと思います。次回までに、練習がてら進めてみてください。疑問点、もう少しやってみたいことがあれば次回チャレンジしましょう。

■3回目レッスン
今日は小川さんのイラストレーターを使った本来の目的『携帯アイコン』を実際に制作してみました。
これまでのレッスンで学んだことを生かして制作ができたと思います。
加えて、業務上役に立ちそうなプリセットの図形に手を加えてイラストを描く方法をレクチャーしました。

(石田先生)

イラストレーターは最初、こういうことがわかりにくいんだろうな…というのが、ある程度想像できるんですね。なので、初めは切り抜きマスクを使って写真を切り抜くという作業をやりました。その中で、パスの書き方とかを理解していただいたんですが、そうするとイラストレーターの苦手意識とかが克服できると思うんです。
その後で、ポストカードを作ったんですが、「こういうことをすると華やかになるよ」という小技に触れながら、イラストレーターの楽しさや、「こんなことができるんだよ」ということをお教えしました。
そして今回、本来の目的だった「携帯のアイコンを作る」ということをしました。
これまでのレッスンを踏まえて、理解しやすく作成いただけたのではないかと思います。

石田先生から、まだ見ぬ生徒さんにメッセージをお願いします!

(石田先生)

なんとなくでもかまわないので、物を作ることに興味がある方だと、イラストレーターをはじめてみると、HP作成など、色んなことに活用できると思うんですよね。
レッスンをしている中で、わかっていただけた時や、一歩を踏み出していただけたということを実感した時はやはり嬉しいので、サポートさせていただきたいと思っています。

(小川さん)

そうですね。マンツーマンレッスンの場合、その場でどんどん疑問が出ても、対応ができるので、「これがやりたい」「あれがやりたい」と目的がハッキリしてる人の方が良いですよね。

石田先生、有難うございました。

独学の悩み「もっと効率良いやり方があるんじゃないか?」

パソコンは普段から使われることが多いですか?

パソコン自体は仕事で使っているので、普段から触れてはいますね。あと、フォトショップも、会社で簡易版を使っていたので、ある程度扱えます。が、イラストレーターは「多分こんなことができるんだろうな」という程度で、あまりわからなかったです。

改めて、今回レッスンを受けてみようと思われたきっかけを教えて頂けますか?

大学で授業があったり、端末室とかで自由に使えたりしたので、趣味でデザインっぽいものを作ってみたりと、興味はあったのですが、独学で「1週間で覚える」というような本を読んでやってみたんですが、よくわからず、上達しないまま挫折…みたいな感じでした。
今の会社に入ってもっといろんなものをできるようになりたいと思ったのと、ちゃんとした学校に通ってみたことがないので、独学よりちゃんと習った方がいいかなって思ったのがきっかけです。

独学で大変だったことはどういったことでしたか?

本を読んでも、実際やってみても「もっと効率良いやり方があるんじゃないか?」とか「もうちょっと、ここを直したいのに…!」と思っても、わからないので、独学の限界を感じてしまいました。
とはいえ、スクールに通うことを考えると、仕事が多い日とかもあったり、自分の時間も確保できるので、毎週行かないといけないのも大変だと思うので、踏み出せず…という感じでした。その点、好きなタイミングに予約ができるのは良かったですね。

先生に「イラストレーターは怖くない」って教えてもらった

実際、習ってみた印象はどうでしたか?

最初は苦手意識があったんです。実際習うと、「パス」っていう直線や曲線をかけるツールがあって、それができると8割くらいできちゃうのがわかりました。パスを習って、きれいにできるコツとか、後から修正できることとかを習ったら、怖くない…といったら大げさかもしれないんですが、今後も自身で勉強していけるな、って思ったのは大きな部分ですね。

「カフェでのレッスン」という形態はいかがでしたか?

スタバとかで英会話をやってるのは見たことあったんですが、パソコンを操作しているだけなので、恥ずかしくもなく、あっという間で気になりませんでしたね(笑)。

お仕事以外にもイラストレーターを使ったりされますか?

音楽活動なんかもやっているので、そのブログのページを作ったり、お友達の結婚式のときにウェルカムボードなんかを作ったりしました。

イラストレーターを使えることの魅力ってどういったところですか?

自分の頭の中でイメージしているものが再現できた時と、作ったもので周りの人が喜んでくれた時です。

なんとなく「難しそう」と思っている人こそ、第一歩を先生に助けてもらうといい

今後の展望を聞かせて頂けますか?

ちょっとしたことで作業効率が変わったりすることを学んだので、いっぱい使って慣れていきたいなって思いますね。目標は、今までウェブのことをメインにやってきたんですが、自分の年賀状とか、印刷物に関しても手を出していければと思います。
仕事では、社内に専門のデザインチームがいるんですが、そこに仕事を依頼するときも、私の方である程度作りこんでから渡せれば、デザインチームの負担が減るので会社に貢献できるなって考えています。

このインタビューをご覧になっている方にメッセージをお願いします!

イラストレーターって、専門的な用語ばかりで難しそうというイメージがあると思うんですね。
私もそうだったんですが、最初のきっかけを与えてもらえると、自分でわかることも増えていくと思います。ですので、今モヤモヤしている人は、第一歩を先生に助けてもらうと良いと思います。

インタビューの舞台裏〜事務局スタッフからのひとこと〜

リラックスした雰囲気の中で、笑顔や雑談を交えながらの和やかなレッスンでした。
初めは先生と馴染めるか不安だったという少しシャイな小川さんですが、気さくで落ち着いている石田先生の人柄もあり、友達のように打ち解けて話しているお二人の姿がとても印象的でした。
すぐに使える役立つ知識などを盛り込んだ実践的なレッスン内容で、小川さんのやりたいことを中心に行われているのを実感しました!

Illustrator教室 無料体験レッスン

イラストレーター初心者も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン
石田憲子 先生
担当:石田憲子 先生

ページ先頭へ

Illustrator講座/イラストレータースクール(石田憲子コーチ) ページ先頭へ