Web・デザインスクールIllustrator教室神奈川 アッシー・グラフィックデザインスクール 市橋篤コーチへインタビュー

市橋篤コーチへインタビュー

Q1スクールで大切にしていること、教えてください!

アッシー・グラフィックデザインスクール

アッシー・グラフィックデザインスクールのスクール・ポリシーは、
実はスクール名の中にその理念が込められています。
まずは、このスクールの冒頭の名称を見て下さい。

いわゆるアッシーくんのアッシーではありませんよ。
Assy(アッシー)とはAssemblyの略で、単体パーツではなく構成部品
もしくは集合部品(ユニット)のことです。

それが、単に一つ一つのパーツだけでは大きな力にはなりませんが、
それら複数のパーツが集合部品として組み合わされた時、
ある目的を成し遂げるためのユニットとして、
非常に優れた機能を発揮するのです。

単体パーツを組み上げて集合部品が出来上がる過程、まさにこれは、
このデザインスクールで学んでゆく過程と似ているなと感じました。

グラフィックソフトの実際のレッスンを思い浮かべて下さい。
今までは全ての項目で「できない」という状態だったかもしれません。
それでも学び始めると、一つの項目が「できる」に変わります。
(単体パーツが出来上がった瞬間です)

さらに少しずつ根気強く学んでゆくと「できる」項目が増えて、
達成感や適度な自尊心が芽生えてきます。
それゆえ学ぶことが楽しくなってきます。

それら複数の「できる」ことで改めて制作に取り組むと、
今まで考えもしなかったようなすばらしいことが
できるようになるのです!

このスクールで学ぶ方も、ペースは自分にとってちょうど良いペースで
よいと思いますが、楽しみながら単体パーツのような「できる」を、
少しずつ増やしてゆき、集合部品Assy(アッシー)のように、
やがてそれらが組み合わされて用いられた時の驚くような成果を
自分自身で味わってもらえたら…
そんな思いからこの名前を付けることにしました。
(ちなみに私の名前もアツシです。)

スクール・ポリシーを要約すると
●実現可能な目標を定めて達成感を味わいながら楽しく学ぶこと
●少しの根気強さ
「初心者の方へ」の項目でもお伝えしたことと同一で、
上記の2点となります。

Q2イラストレーター初心者へメッセージをお願いします!

アッシー・グラフィックデザインスクール

初心者といっても、目標は様々ですね。
プロのグラフィックデザイナーやイラストレーターを目指す方、
趣味で絵を描けるようになれたらと思っている方…。

目標は様々でも、その目指す所は、
上方に伸びている階段を登り詰めて到達する「踊り場」に
例えることができるかもしれません。

その「踊り場」より上に向かう階段もありますが、
それはさらに専門的な分野へ向かう道なので、その階段については
今の段階で考える必要はないと思います。

さて、その階段をどのように登ってゆくのが最善でしょうか。

皆さんは早くプロになりたい、あるいは早くうまくなりたい、
という焦りの気持ちから、登り詰めた所を見上げるかもしれません。

ところが、あまりの高さに卒倒しそうになり、登る意欲さえ
なくなってしまうかもしれません。それでも一人で一気に登ろうと
すれば、大変苦しい作業となり、やがて挫折してしまうことでしょう。

まずはその階段を一人で登るのではなく、共に登り、
必要な時に支援してくれるサポーターがいることを銘記して、
その不安を取り除いて下さい。

それから、一つの実現可能な目標を定めましょう!
その目標は自分がいる階段の一つ上の階段です。
その目標が達成できたら、一段登れたことになります。
一つの目標をクリアできたことの達成感をしっかりと味わいましょう。
それからまた一つ上の実現可能な目標を定めましょう。

この作業を繰り返してゆくと、どうなるでしょうか?
ある時点で後ろを振り返ってみると、自分が登れないと思っていた
その階段のかなり高いところに自分がいることに気付きます。
そして目標としていた踊り場は目前に迫っているのです!

この時点で皆さんは、強い達成感と幸福感を感じ、
モチベーションを下げることなく大きな目標である「踊り場」を
目指して、また登り続けることができるのです!

ですからポイントは、次の点です。(スクール・ポリシーと同一です)
●実現可能な目標を定めて達成感を味わいながら楽しく学ぶこと
●少しの根気強さ
この2点を意識すれば、この道は確実に登ってゆくことができます。

先程も少し触れましたが、私はこの階段を、みなさんが歩くペースと
同じペースで共に登り、皆さんが着実に登るために必要な情報や
アドバイスをお伝えして全力でサポートしますので、ご安心下さい!

きっとみなさんは、自分の思ったとおりに操作できずに歯痒い思いを
されていることもあるかもしれません。
また、今までに考えたこともない概念に戸惑うこともあると思います。
そんな時は、何でも遠慮なく尋ねて下さいね。

そうしたちょっとした悩み一つ一つに丁寧に対応して、
最善の解決法を可能な限り分かりやすくご説明します!

Q3イラストレーター上級者へメッセージをお願いします!

アッシー・グラフィックデザインスクール

「木を見て森を見ず」ということわざがありますね。
もしかするとみなさんは、そうした状況に陥ってしまったことが
あるかもしれません。

そんな時に少し距離を置いて遠くから自分のスキルを考察してみると、
得意な分野だけでなく、自分の苦手とする分野も見えてくるかもしれません。

では、その苦手な分野を改めて共に学ぶのはいかがですか?
クリエイターとしてバランスよく成長することができると思います。


或いは、みなさんは「イラストレーター」や「フォトショップ」を使って、
チラシやパンフレット、イラストの制作といった分野を
ほぼマスターできた方かもしれません。

次の飛躍として、より特定の専門的な分野へ挑戦してみたいと思いますか?

例えば私の場合は、企業のブランディングとしてロゴやマークのデザイン、
タイプフェイスのデザイン、VIマニュアル等を手掛けています。

これらの分野の知識と技術に関心のある方は、知らせて下さい。
いわゆる教本には載っていないノウハウが数多くあるのですが、
それも惜しみなく伝授しますよ。

Illustrator教室 無料体験レッスン

イラストレーター初心者も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン
市橋篤 先生
担当:市橋篤 先生

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる