Web・デザインスクールIllustrator教室兵庫 パチェットIllustratorスクール レッスンノート

パチェットIllustratorスクールレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

作ってみようと試みるから始めてください!
ソフトの説明から始まり、イラスレーターの設定の説明、覚え方もツールを詳しく覚えるよりも、何か作りたいものを作る方が頭に入るのでそういううやり方をお勧めしました。 自分でして、わからないことだけ...
印刷するときはデータ作成方法から確認
中綴じ冊子は綴じの方向、サイズ、ページ数や印刷するサイトを決めて、逆算していかないとデータ作成をやり直す2度手間になりかねないので最初にその確認から入りました。 写真データの容量の確認などをし...
明確な目標を持つと早く習得できます!
ファッションスナップブックを作りたいという、明確な目標を持っておられたので、制作していく流れ順にレッスンをしました。A版・B版の紙の知識から始まり、印刷に出せるようブックサイズのベースとガイドラ...
イラストレーターでフリーな線が描けるか?という質問がありました。
やりたいことをイラストレーターでやると固い感じにしかならないのではと思っておられ、このまま続けていくべきものなのか悩んでおられました。 鉛筆ツールでフリーな線は書けるのですが、その通り限度があ...
受講生の仕事にあった使い方を的確に教えていきます!
お話を聞き、大体のイラストレーターの使うツールや使い方を説明しました。 細かい使い方を実際にしていただいて、覚えてもらい、 レッスンによって、仕事の幅が広がればと考えています。
編集作業の基本的イラストレーターの終了!
トリムマークの仕方、アートボードサイズ変更の仕方など、写真の文字を入れた時の白フチの作り方を2種類の方法をレッスンしました。印刷についても話をしました。
デザインを詰めていくためのイラストレーターの使い方のレッスン!
視覚調整での文字の詰め方、行間の調整、漢字とひらがなの大きさの見え方を調整をしました。 optionを押して矢印を押すと20づつ、commandとoptionを押して矢印を押すと100づつ字間...
現実サイズに即したベースのフォーマットを作成!
ガイドをペンツールで作り、色も指定。 正確なサイズで移動して、前冊子に合わせました。 そして、フォーマットを別レイヤーにし、ロックしました。 サイズ移動の仕方も一番簡単で汎用性の高い方法を...
基本を覚えて理解しましょう!
左手の使い方とショートカット、アートボードやガイドライン、プレビューとアウトライン画面、カラーのことなどざっくりとした基本をレッスンしました。
やはり、ペンツールはややこしい、習得するには反復練習しかありません!
文字を打った後の部分だけ大小の仕方や上下の仕方、command+optionでの字間の詰め方、部分的な行間の詰め方などをレッスンしました。一番見せる文字はきっちりと時間を詰めた文字にしないとデザ...

パチェットIllustratorスクールのレッスンノート ・・・計18件

パチェットIllustratorスクール ページ先頭へ