Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート 文字の操作と線設定

文字の操作と線設定

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

暑い中のレッスンお疲れ様でした。今日は文字の操作について学習しました。チラシのキャッチコピーや見出しの文字は、たいてい文字アキや行間が調節されて、インパクトや洗練を演出しているので、注意深くデータを見てみるといいと思います。では、今日のおさらいを少し、以下に書きます。

【文字の操作】
・カーニング → 特定の文字間の調節(調節したい文字と文字の間にカーソルを置いて、Alt + ← →)
・トラッキング → 選択したテキスト全体の文字の間隔の調節
・アキの挿入 → ベタ・二分・全角という感じで、文字の間隔を調節(個人的には、和文と欧文を混ぜて入力するとき必要以上に間隔が空くのでベタで詰めます)
・ベースラインシフトの設定 → 同じスタイルを適応しているテキストで、文字のサイズを変えたとき、ベースラインを整えます。

レッスンで少し触れましたが、文字間隔はイラレのデフォルトの数値を変えて操作もできるので、これが完全に正しいというやり方はありません。僕の場合は、トラッキングで広狭を調節し、微調整をカーニングでします。フォントによって字間が違うので、これは慣れていくしかないのですが、場面に応じた字間を判断する目を養っていきましょう。そのうち職業病のように、適切な間隔が見えてきます!

【文字の線設定】
・文字の線を太らせるときは、コピーをして背面に同じ文字をコピーして、その文字の線設定を変更
ショートカットを使うと文字を選択して、「Ctrl + c, Ctrl + b」だけでで背面ペーストできます。

下層の文字のサイズと線設定を変えるだけで、装飾のバリエーションがグット広がるので、色々なパターンを試して見るとデザインの幅が広がると思います。


【まとめ】
どのフォントを選ぶかで印象が全く異なってくるので、タイポグラフィはデザインの中核のひとつです。なので、時間が許すようであればPCにインストールされているフォントを色々試してみて下さい。またフォント一覧を印刷をしてファイリングしておくのもいいかもしれません。

お・ま・け
モリサワフォント → 日本語フォントの老舗の会社で、シェアの大半はこの会社になります。
http://www.morisawa.co.jp/

dafont → 欧文だけですが、沢山のフォントがフリーでDLできます。シンボルをイラストとしても使ったりできます。ただダフォントに限らずですが、フリーの素材はウィルスチェックなど、セキュリティーには気をつけてくださいね。
http://www.dafont.com/
このレッスンノートを書いたコーチ

プロの製作現場の知恵を余すことなく伝授。イラレの勘所を掴むお手伝い

よくわかるIllustrator
新田将貴 (Illustrator)

梅田/大阪・尼崎(JR)・西宮(JR)・芦屋・住吉・三ノ宮・海老江・難波・淀屋橋・尼...

レッスンノート ページ先頭へ