Web・デザインスクールIllustrator教室レッスンノート 「ライブトレース(画面トレース)」について

「ライブトレース(画面トレース)」について

Illustrator教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日のレッスンもお疲れ様でした!
おしゃべりが盛り上がってしまい、だいぶ時間を押してしまいましたが、支障ありませんでしたでしょうか><

本日のレッスンでは主に、「ライブトレース(画面トレース)」についてお話させていただきました。
この使い方を覚えると、画像のアウトライン化が物凄く簡単に出来るようになるので、ぜひ覚えてみてください!
ただし、今回実際に見てもらったように、そのままでは使えないような場合も残念ながらあります…。
元にする画像の画質等もポイントになりますので、色々な画像で試してみてください♪

また、Photoshopでの保存形式についても少しお話しました。
「.psd」形式だと、レイヤー情報等を保持したまま保存するので、何かと便利です。
特に作業途中で未完成の状態では、なるべく「.psd」で保存するようにしてみてください!


時間が無くてあまりご説明出来なかった「ブラシツール」について。

Illustratorに「ブラシツール」というものがあります。
これは、パスツールと同じく線を引くためのツールなのですが、パスツールと大きく違うのは、「鉛筆で線を書くような感覚で、マウスで書ける」という点です。
Photoshopと同じような感覚で、直感的にマウスを動かしたそのままの線が書けます。

また、この線をいろいろな模様の線に変更することができます。
中には「チェーン」ももちろんあります。

Illustratorに最初から用意されているものもたくさんあります。
まず、ブラシツールに切り替えたら、「ウィンドウ」メニューから「ブラシ」を開いてください。

開いた「ブラシ」パネル(パレット)の右上にメニューがあるので、そこをクリック

「ブラシライブラリを開く」にカーソルを当てると、横にサブメニューが出てきます。

そこから好きなブラシを選んで書くことができます。

また、このブラシは、インターネット上で素材として配布してくださってるサイトも数多くあります。
例えば「Illustrator ブラシ 素材」等で検索してみてください。
チェーンのようなデザインのものも沢山出てきます。

もちろん自分でオリジナルで作ることもOK!

次回のレッスンでまたきちんとご説明しますが、もし次回レッスンまでに使う機会があるようでしたら、上記を参考にしてください!
わからないところがあればメッセージくださいね〜。
このレッスンノートを書いたコーチ

実務15年の現役デザイナー。企業向け〜オタク系まで、全て相談に乗ります

レッスンノート ページ先頭へ

Illustrator情報

サイタのIllustrator講師がブログを通して、Illustrator情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Illustratorの先生

@IllustratorCyta