全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり4,900円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

無料体験レッスンの申込みはこちら

サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室Illustrator初心者のためのお役立ち情報コラム Illustratorのオススメ参考書について

Illustratorのオススメ参考書について

Illustratorのオススメ参考書について

Illustratorに関して、初心者の方だと独学で勉強していきたいが、どのような参考書をプロの方が使っているかわからない。といった悩みや、自分にはどんな参考書があっているかわからないなど参考書との向き合い方について悩んでいらっしゃる方が多いと思います。

そこでこのコラムでは、Illustratorのオススメ参考書についてと題して様々な参考書にまつわるコラムを作成いたしました。みなさまにぴったりな参考書をこのコラムを通じて見つけてみてください。

Illustratorのオススメ参考書についてに関するピックアップ記事

上手な参考書の選び方

Illustrator,Photoshopの操作やテクニックに関連した参考書は数多く存在しますが、個々のユーザーの方々によって欲している情報、身につけたいスキル等は千差万別だと思います。今回は、どうすれば自分の欲している情報が掲載された参考書を見つけることができるかを簡単にご紹介したいと思います。

Illustrator参考書を選ぶときに気をつけたいこと

アドビ製品は、2年ごとにグレードアップしています。同時にそれに付帯するテキストもグレードアップしていく事になりますが、テキストで説明されている機能ボタンの名称や配置は、その都度ソフトのバージョンに特化したものになるので、実際に自分が保有しているソフトにはない機能や違う名称で記載されている事があります。 テキストはあくまでも、ソフトの操作を取得することを目的に編集されているので、こういうことも起こりうるのです。

デザインの学校 これからはじめるIllustratorの本 [CS6対応版]

はじめてイラストレーターに触れるという人のための入門書です。デザインの学校と名が付くとおり、デザイン素材の基本的作成方法、構成の仕方など、DVDを通して実践的に学ぶ事ができます。 自宅でも、おさらいがしたいという人はもちろん、独学で学ぼうという人でも、役にたつことでしょう。CS6対応なので、最新のアドビ製品を保有している人に特におすすめです。

すべての人に知っておいてほしい Illustratorの基本原則

まったくの初心者はもちろんのこと、多少でもいじった体験を持っている人も。再度自身の理解力を再確認・おさらいしたいと言う人にとっても、学ぶことの多い、完成度の大変高い良本です。ぜひ本棚に一冊は挟んでおいて欲し一冊ではないでしょうか。しかも単行本でソフトカバーなので、鞄のすみにしのばせて、読みたい時にいつでも手軽に取り出して読めるという点も魅力の1つです。

ここではIllustratorの学習に最適な参考書の選び方、オススメ参考書を紹介しています。これから参考書を買おうと思っている方、ぜひチェックしてみてください。

参考書にもいくつか種類があります

Illustratorの参考書と一言でまとめてもいくつかタイプがあります。これらのタイプを押さえることでどんな参考書がどのタイミングで必要なのか理解できるはずです。

入門書タイプ

まず代表的なのが「入門書タイプ」です。チュートリアルを中心にIllustratorの基本的な使い方を説明しています。こうしたタイプの本はソフトの機能や活用例をまとめてあることが多いため、一度全ての内容に目を通すことで基本操作をある程度理解することができます。

入門書タイプの例としては、「デザインの学校 これからはじめるIllustratorの本 [CS6対応版]」や「すべての人に知っておいてほしい Illustratorの基本原則」などが挙げられます。

目的特化タイプ

次に紹介したいのが「目的特化タイプ」です。ロゴやアイコン、イラストなどIllustratorを用いて作るものや目的が決まっている場合は、あらかじめそれに特化した参考書を購入することでソフトの使い方や手順などを効率的に学ぶことができます。

目的特化タイプの例としては、「Illustratorで作る ロゴ・マークデザインブック 【CS6/5/4対応】」や「Illustratorではじめてのイラスト―イラストブック 」などが挙げられます。

逆引きタイプ

最後は「逆引きタイプ」です。これは一般的にリファレンスと呼ばれ、分からないことや機能から辞書のように調べることができます。最初は必要ありませんがソフトを使い込んでいくうちにすばやく調べたいシーンが増えると必要になってきます。

逆引きタイプの例としては、「Illustrator逆引きクイックリファレンス CS6/CS5/CS4/CS3対応 for Windows」や「 Illustrator CS6 逆引きデザイン事典PLUS」などが挙げられます。

「Illustratorのオススメ参考書について」ページ先頭へ