サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室愛知 りょうのIllustrator教室 スクールブログ 印刷会社や業者...

印刷会社や業者へデータをおくる時のポイント 〜その1〜

こんにちは、Illustrator教室のりょうです。

Illustratorを使ってつくったデータを、印刷会社や看板などにするために
送ることってありすよね。

先日のレッスンで、その際困ったというお話しを聞いたので、
ポイントを何回かに分けてまとめてみます。

【データの種類】
まず、渡す相手(業者や印刷会社)によって、
受けわたし(入稿)データの種類が指定されることが多いです。

種類は主に、Illustratorのデータそのママでよいのか、
PDFという形式に変換して送るか、です。

Illustratorのママでよい場合、次にバージョンの確認が必要です。
最新のIllustratorはccというバージョンですが、その前のバージョンは
csで、cs5やcs6を使っているところもまだ多くあります。
(私の今の会社もcs 5も6も使っています)

あなたがお持ちのIllustratorがccで、cs5で入稿して欲しいと言われたら、
データをコピーして、保存する時にcs5にバージョンダウンする必要があります。

※ココPoint!
データは必ずコピーして、元のデータはバージョン変えずに
とっておきましょう。バージョン変えると、あとで修正しにくい
データになってしまう事があるのです。


そしてIllustratorのデータ入稿では、写真などの画像を使っている時は、
その画像を一緒のフォルダに入れて送るのか、埋め込んで送るのか、
という種類を指定される事もあります。

PDFでという指定だった場合は、バージョンを下げた時のように、
データをコピーして、保存形式をPDFにするのがシンプルな方法の一つです。

いずれも、文字で読むと分かりにくいですが、
やってみるとカンタンなので、お困りの際は
りょうのIllustrator教室、無料体験レッスンへどうぞ!

次回は「文字のアウトライン、フォントについて」の予定です!



 

(2019年4月23日(火) 7:59)

前の記事

次の記事

新着記事

こんにちは、Illustrator教室のりょうです。 今このサイトを見ているみなさんは、ネットの世界に 慣れ親しんでいる人がきっと多いですね。 そして、自分でブログを書いたり、ネットショップを持っていたり、 プライベートサイトを作ったりしている人もいると思います。 私が公...

こんにちは。Illustrator教室のりょうです。 入稿データのポイント〜その2〜は、 文字のアウトライン、フォントについて です。 ポスターや雑誌などを見ていると、タイトルや最初に目に付く 大きな文字(キャッチコピー)の形がちょっと変わってるなと思う事、ありませんか? ...

こんにちは、Illustrator教室のりょうです。 Illustratorを使ってつくったデータを、印刷会社や看板などにするために 送ることってありすよね。 先日のレッスンで、その際困ったというお話しを聞いたので、 ポイントを何回かに分けてまとめてみます。 【データの種...

最近はmacを使っている人も増え、写真の加工なども簡単にできるため、デザイナーでなくとも、フライヤーやDMなど、個人でステキなものを作っている方もたくさんいらっしゃいますね。 普段わたしは、雑誌などを読んでいて気づくと、内容よりも、色の組み合わせやタイトルまわりの飾りなどデザインが気にな...

みなさんはスポーツなどのサークルに参加していますか? 私は過去にはバドミントンや流星観測のサークルに参加していました。 現在は、トランポリンサークル(レアですね)に入っています。 そこで、趣味とシゴトのコラボ! サークルのロゴマークを考えたり、チームTシャツのデザインをしました...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ