サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室愛知 まなぶデザインカフェ スクールブログ Q.コンジルっ...

Q.コンジルってなに?

A.「コンテンツに応じて...」の略...造語です笑;

いま、PhotoshopやAftereffectsで話題になっているコンジルですが、これは、塗り潰しの一種ですが、修正したい箇所を選択して、コンテンツに応じた塗り潰し機能を使います。
すると、周囲からサンプリングしてきて、選択した箇所を綺麗に塗り潰してくれます。
もちろん完璧ではありませんが、かなり精度は高くなっています。

細かい修正は、修復ブラシなどでも十分ですが、大きな修正でサンプリング範囲を指定したい場合は、このコンテンツに応じた塗り潰しが適切かと思います。

特に商品用の画像の場合は、魅力的に見せる必要がありますので、コンジルは知っておいて損はないかと思います。

Q.コンジルってなに?Q.コンジルってなに?

(2019年4月6日(土) 13:11)

前の記事

次の記事

新着記事

販促物などは、よくIllustratorやInDesignで仕上げるのですが、 画像もよくよく使います。 そんな画像を勿体無く使っている販促物をよく見かけます。 ジャギーがハッキリ見えてしまうほどの画質の悪い画像や、色補正しないまま印刷に回してしまったもの... それだけで...

写真1のように長方形などのオブジェクトのど真ん中にテキストを入れたい!と思っても、文字間が広い場合は特に左側にズレてしまいます... これは、Illustratorのバグ...テキストをアウトライン化してオブジェクト扱いにしないと綺麗に行かない... と、諦めていたらこの記...

トーンというのは、色を構成する三要素の中の2つを掛け合わせた配色になります。 色を構成する三要素は、  ・色相(色合い)  ・彩度(鮮やかさ)  ・明度(明るさ) この中の彩度と明度を合わせたのがトーンとなります。トーンには、いくつかの特徴に分けて名前が付いています。 例え...

よく「デザイナーはセンスがないと...」「だからセンスが良いんだ...」と聞きますし、言われることはあります。 しかし、センスってなんでしょう...と疑問に思ったことがあります。そこで調べると、センスとは、物事の些細な事を感じとる感覚のようです。 しかし、その感覚には合理的なところがあ...

>>>自作する理由とリスク 規模の大小に関わらず、 これから事業を始めようとする人、既に始められた人の多くは、 ショップ名刺やチラシ、ポスター、商品撮影、ホームページなどなどにいたるまで自作する傾向にあるのではないでしょうか。 その理由の多くは、 「安く済む」「好きなように作れる...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ