サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室愛知 りょうのIllustrator教室 スクールブログ 混ぜると危険 ...

混ぜると危険 デザイナーあるある

最近はmacを使っている人も増え、写真の加工なども簡単にできるため、デザイナーでなくとも、フライヤーやDMなど、個人でステキなものを作っている方もたくさんいらっしゃいますね。

普段わたしは、雑誌などを読んでいて気づくと、内容よりも、色の組み合わせやタイトルまわりの飾りなどデザインが気になり、内容を読むためにもう一度最初から読み直すということもめずらしくないのですが、これはデザイナーの職業病でしょうか。

街なかにあるポスターやリーフレットなど、レイアウトを学んだり、流行を把握したりとデザインを勉強できる素材は身近にたくさんあるので、日ごろから観察がクセになっているかんじです。

常に新鮮で目的に合ったデザインをクライアントへお届けできるよう、日々学び、技術を磨いていこうと思っています。

以前のおシゴトで、カタログ制作があり、9案を表紙提案しました。感銘を受けたのは、表紙を選ばれた社長の決断力です。

こうした複数案を提案した時に、よくありがちなのが「B案とD案、どちらか決めきれないから、2つを合わせた案にして」というものです。ご要望どおりにB+D案をつくりますが、十中八九、初案より落ちるデザインになっていきます。

これは料理に例えると分かりやすいかもしれません。寿司とピザが好きだからと、寿司とピザを混ぜて食べればもっと美味しく…はなりませんね。

各素材を吟味し、ベストの調理法で完成された一つのメニュー、それぞれテイストの異なる料理は、混ぜると味が悪くなる場合がほとんどでしょう。

デザインもまったく同じことが言えます。B案とD案を混ぜると、それぞれの良さがなくなり、どっちつかずの案になってしまうのです。

そうしたことをお伝えしなくともカタログ表紙を提案したクライアントはご理解されており、一刀両断で選んでいただけました。ありがたい!

もしコレを読んでいる貴方が、複数のデザイン案から選ぶ機会がありましたら、ぜひ「混ぜると危険」を思い出して、スッパリと一つを選んでくださいね。

その方がデザインも良い仕上がりになると思いますし、決断力があり、デザインに理解があるという資質も周りに示せて、一石二鳥!と思います。

そして、複数案を出すようにという要望に悩む貴方、バリエーションを増やすコツ、レッスンしませんか?
よければ〈りょうのIllustrator教室〉へ!(^o^)

混ぜると危険 デザイナーあるある

(2019年4月5日(金) 16:08)

前の記事

次の記事

新着記事

こんにちは、Illustrator教室のりょうです。 今このサイトを見ているみなさんは、ネットの世界に 慣れ親しんでいる人がきっと多いですね。 そして、自分でブログを書いたり、ネットショップを持っていたり、 プライベートサイトを作ったりしている人もいると思います。 私が公...

こんにちは。Illustrator教室のりょうです。 入稿データのポイント〜その2〜は、 文字のアウトライン、フォントについて です。 ポスターや雑誌などを見ていると、タイトルや最初に目に付く 大きな文字(キャッチコピー)の形がちょっと変わってるなと思う事、ありませんか? ...

こんにちは、Illustrator教室のりょうです。 Illustratorを使ってつくったデータを、印刷会社や看板などにするために 送ることってありすよね。 先日のレッスンで、その際困ったというお話しを聞いたので、 ポイントを何回かに分けてまとめてみます。 【データの種...

最近はmacを使っている人も増え、写真の加工なども簡単にできるため、デザイナーでなくとも、フライヤーやDMなど、個人でステキなものを作っている方もたくさんいらっしゃいますね。 普段わたしは、雑誌などを読んでいて気づくと、内容よりも、色の組み合わせやタイトルまわりの飾りなどデザインが気にな...

みなさんはスポーツなどのサークルに参加していますか? 私は過去にはバドミントンや流星観測のサークルに参加していました。 現在は、トランポリンサークル(レアですね)に入っています。 そこで、趣味とシゴトのコラボ! サークルのロゴマークを考えたり、チームTシャツのデザインをしました...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ