サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室東京 よくわかるIllustrator教室 スクールブログ 第7回「Ill...

第7回「Illustrator、初めにこれだけ覚えると、ラク!」Part2

前回の続きです。始めに覚えておくと、ラクでトクなツールです。

2.「選択ツール」(クロ矢印)と「ダイレクト選択ツール」(シロ矢印)

私がIllustraor習いたての頃まず引っ掛かったのが、この作業画面のたいてい一番左上にあるクロ矢印とシロ矢印の「選択ツール」、「ダイレクト選択ツール」でした。
そして、さらにややこしいのが、シロ矢印を長押しすると出てくるシロ矢印に+の付いた「グループ選択ツール」(シロプラス矢印)。

この3種類の意味が最初なかなか分かりづらかった。
この3種類、Illustraorで色々な図形やイラストをたくさん作ってゆくとなんとなく感覚的に分かってくるもので、実際に作業をしてみないとちょっとその使い分けが分からないと思います。

Illustraorで図形やイラストを描いてゆく時というのは、たくさんのパーツ(部品)を組み合わせて1つのものを完成させてゆくのですが、その過程でそれらのパーツがばらばらにずれたり消してしまったりしてしまわないように「グループ化」という事を頻繁にしながら作業をしてゆきます。

こうして完成したひとつのオブジェクト(イラスト、図形)というのは、二重三重もしくはもっとたくさんのグループ化がかかってしまっている事が多いので、後になってカラーなどを変更しようとする時、なかなか的確に「線分」や「図形」を選択する事が難しくなってきます。

そうした時に、この3種類の選択ツールの使い分けが頭で理解できていれば、自分の思った通りに「線分」や「図形」を選択する事が可能になるのです。

こうして、文章にすると非常に分かりにくいのですが、実際に作業をしてゆく中でだんだんと分かってくるようになります。

 

(2018年12月25日(火) 16:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ソフトを自在に操る先生が、基本をレクチャー。触りながらノウハウを習得!

新着記事

3.『「CMD+C」,「CMD+V」,「CMD+F」』(WindowsはCMDがCntl)  ご存知、コピペの「CMD+C」(コピー),「CMD+V」(ペースト),そして「CMD+F」は「同じ位置にペースト」というツールです。 この「CMD+F」、これもうまく使いこなせると作業が格段に...

前回の続きです。始めに覚えておくと、ラクでトクなツールです。 2.「選択ツール」(クロ矢印)と「ダイレクト選択ツール」(シロ矢印) 私がIllustraor習いたての頃まず引っ掛かったのが、この作業画面のたいてい一番左上にあるクロ矢印とシロ矢印の「選択ツール」、「ダイレクト選択ツー...

Illustratorは、バージョンアップのたびに機能が追加され、現在あまりにたくさんのツールやメニューがあり過ぎて、逆に使いにくくなっているとも言えます。 Illustratorを開いたときの作業画面で通常左の端に表示されるツールバーのツールの数は、現バージョンでは28個もあり、私が使...

3.柔軟性 これもコンピュータならではの特徴で、紙に絵を描く場合、例えば絵の具で一度イラストを描いたとすると、 そのイラストの、 a.絵を全部消して描き直したり、 b.色を変えたり、 c.大きさを変えたり、 d.変形させたり、 という事をしようとすると、とても時間と手...

2.正確性 1.の「スピード」のところでも述べましたが、イラストレータでの作業というのは当たり前ですが、コンピュータ(機械)が作業するわけですから、何もかも正確に機械的に仕事を進めます。 線を引いても絶対に太くなったり細くなったりしないし、円を描いても正確にまん丸い円が描けます。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ