サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室東京 よくわかるIllustrator教室 スクールブログ 第5回「手作業...

第5回「手作業とIllustratorでの作業の違いは?」Part3

3.柔軟性

これもコンピュータならではの特徴で、紙に絵を描く場合、例えば絵の具で一度イラストを描いたとすると、
そのイラストの、

a.絵を全部消して描き直したり、
b.色を変えたり、
c.大きさを変えたり、
d.変形させたり、

という事をしようとすると、とても時間と手間がかかりますよね。
それがイラスレータでは、すぐに出来てしまう。

これはイラストや図形を描く、という行為の根本を変えてしまう革命的な機能だったのです。

また、通常、イラストレータでイラストを描く場合、まずは鉛筆で下書きを紙に描き、それをスキャナーでMACに下絵として取り込み、
コンピュータの画面上でイラスレータのペンツールを使い、なぞってゆく、という作業がよくイラストレータの教本などには載っていますが、イラスレータの作業に慣れたデザイナーであれば、いきなりMACの画面上でイラストを描いてしまいます。
そして画面上で、ざーっと描いてしまって、後からどんどん修正してゆき、最終的にイラストを完成させてゆくという手順。
慣れれば、そういった作業の仕方の方が、短時間で済むし、ラクだからです。

最近はペンタブレットも進化してますので、初めからペンタブレットでどんどん漫画を描いている漫画家もたくさんいますよね。

これもコンピュータ、イラストレータならではの柔軟性のなせる技なのです。

 

(2018年11月8日(木) 21:22)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ソフトを自在に操る先生が、基本をレクチャー。触りながらノウハウを習得!

新着記事

3.柔軟性 これもコンピュータならではの特徴で、紙に絵を描く場合、例えば絵の具で一度イラストを描いたとすると、 そのイラストの、 a.絵を全部消して描き直したり、 b.色を変えたり、 c.大きさを変えたり、 d.変形させたり、 という事をしようとすると、とても時間と手...

2.正確性 1.の「スピード」のところでも述べましたが、イラストレータでの作業というのは当たり前ですが、コンピュータ(機械)が作業するわけですから、何もかも正確に機械的に仕事を進めます。 線を引いても絶対に太くなったり細くなったりしないし、円を描いても正確にまん丸い円が描けます。 ...

前回はフリップ制作を例にとってIllustratorというソフトがいかに万能かということを紹介いたしました。 今回からは、そういった「ペンや絵の具や定規を使った手作業」と「Illustratorを使った作業」のどこがどういう風に違うのか紹介してゆきたいと思います。 1、スピード 例え...

イラストレータというソフトを会社で使い始めた頃、私が思ったことです。 30年前、私が勤めていた会社は、テレビ放送でニュースキャスターなどが手持ちで説明に使うフリップと呼ばれるB3サイズのボードを制作する会社でした。 当時のフリップの制作は、地図フリップを例にとってみれば、 1.フ...

・Illustrator初心者、大歓迎!(むずかしくありません。怒ったりしません。) ・老若男女、大歓迎!(年配の方は特にていねいに説明いたします。私もそんな若くありません。) ・冷やかし、大歓迎!(Illustratorをちょっと触ってみたい人、どんなものか見てみたい人etc.)...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ