サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室愛知 まなぶデザインカフェ スクールブログ Q. 印刷する...

Q. 印刷すると色が違って困る...解決策はある?

A. 色が違うのは、むしろ当然!郷に入れば郷に従えの精神です。

まず、確認しておきたいのは、
皆さんが目にしているモニターが表示されている色は、
もちろん「光」ですよね。

たとえIllustratorやPhotoshopがCMYKをサポートしているといっても
結局のところ「光」で色を表現しています。

そもそもこの時点で正確とは言えません。
さらにインクジェットやレーザープリンター、オフセット印刷など、
印刷機の印字の仕方も違えばインクも違います。

同じ色の指定で印刷しても
違うのは、むしろ当然の話です。



|では、どうすれば良いか...
1つは、「郷に入れば郷に従え」の精神です。
こう言うものだと認識するのが第一ですが、
その中で出来ることをしていきます。

出来る事は、以下の点です。

ーーー出力を考慮した制作
まずは、出力のことを考えた制作を心がけてください。

ーーーアプリケーションの設定
書類設定やカラー設定などの設定だけで同じ印刷機でもかなり色味が変わっていきます。

ーーー出力先に合わせて出力データを調整
特に複数の出力先がある場合は、それぞれに合わせて適切な色設定をしていきます。

ーーー出力媒体の検討
データや印刷機、インクの他に出力媒体も大きく影響します。

ーーー特色の検討
特色とは、CMYKの掛け合わせで作る最大4色刷りの色表現とは異なり、特定の1色を印刷会社に作ってもらって通常1色刷りをする印刷方法です。掛け合わせだとどうしてもムラや版ズレが起こります。1色であればそんな事は無くなりますし、色も合わせやすいです。もちろんインクジェットやレーザープリンターではできません。



いかがでしょうか。
こうやってみるとWebよりも色に関してはシビアな世界という事がわかります。

Q. 印刷すると色が違って困る...解決策はある?

(2018年10月22日(月) 8:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大切なのは好奇心!印刷会社や広告代理店など、現場で培ったノウハウを伝授

新着記事

CC以前であれば、常識だった事が今では非常識になっています。 例えば、トンボ。 今は、Illustrator上ではトリムマークと表記されていますが、これ、今は、出力先によっては、要らないんです。いや、むしろ、要らないどころか邪魔になります。 あるいは、 仕上がりサイズより外には...

スマホやコンデジでは、そのほとんどが解像度72ppiのjpgデータです。 見た目は、一見いいのですが、やはり質は劣ります。 Rawデータとは、 カメラ本体ではほとんど色補正をせずにjpgにも圧縮せずにそのまま保存する保存形式で、一般的には生データとも言います。 容量は、jpgと比べ...

販促物などは、よくIllustratorやInDesignで仕上げるのですが、 画像もよくよく使います。 そんな画像を勿体無く使っている販促物をよく見かけます。 ジャギーがハッキリ見えてしまうほどの画質の悪い画像や、色補正しないまま印刷に回してしまったもの... それだけで...

写真1のように長方形などのオブジェクトのど真ん中にテキストを入れたい!と思っても、文字間が広い場合は特に左側にズレてしまいます... これは、Illustratorのバグ...テキストをアウトライン化してオブジェクト扱いにしないと綺麗に行かない... と、諦めていたらこの記...

トーンというのは、色を構成する三要素の中の2つを掛け合わせた配色になります。 色を構成する三要素は、  ・色相(色合い)  ・彩度(鮮やかさ)  ・明度(明るさ) この中の彩度と明度を合わせたのがトーンとなります。トーンには、いくつかの特徴に分けて名前が付いています。 例え...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ