サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室愛知 まなぶデザインカフェ スクールブログ 私が思う「デザ...

私が思う「デザイン」と「スクール」

わたくし...戻って参りました☆
いま岐阜におります。スクール活動エリアは以前と変わりなく岐阜〜名古屋を中心に進めて行く予定です。
今後とも、よろしくお願いいたします。



|私の事を少々...
私は、
デザイン系専門学校を卒業後、印刷会社のデザイン部門を担当してきました。

印刷内容は、
スクリーン印刷・パッケージ・店内POP・大型展示・広告・販促物など
複数の会社で様々な経験をさせていただきました。

主に使用していたツールは、IllustratorとPhotoshop。
独立してからは、Webや映像などにも挑戦していけるように
Adobe Creative Cloudにして、事あるごとに作品の制作をしています。



|スクールの内容...
スクールで主に行う内容は、
「目的に合わせたツールの使い方」と「表現力の向上」です。



|スクール内で仕事の依頼は一切お断り...
はじめにお伝えすべき内容として、
「個人的な仕事の依頼は一切しない」と言う事です。
サイタの規約にも記載の通り、受講中に個人的な仕事の依頼をするのは原則禁止となっております。

私の名前を検索すれば事務所がすぐにわかりますし、そこから依頼をする事は出来ますが、
受講中はあくまでプライベートレッスンの場ですし、
「サイタ」の委託講師としての立場ですので、誘導などは一切いたしません。



|ロクな結果にはなりません...
ここまでお伝えするのは、
実際に過去にそのようなお話を受けた事実があるからです。
その時は、レッスン内容をメモも取らず聞いている感じもなく事業の話や「やって!やって!」ばかり...
レッスンにならなかったので、致し方なく、地域の事業サポート機関を紹介しました。
後々聞いてみると、結果としてその方の事業は鳴かず飛ばず...相変わらずうまくいっておりません。

他にも同じようなお話を持ちかけられましたが、
私の印象としては、
そのような人の考えは皆同じで、
単に自分で作る気がない「ズル賢く儲けたい人」ばかりです。

私は、このような考えの人に教える気は一切ありません。
もちろん事務所から同じような考えの人の依頼があってもお断りするか途中で離脱します。



|デザインの世界は...
デザイン業務は、ただ言われた事をするだけの作業ではありません。
創造力を膨らませながら、より良い結果に導ける形を模索していく事それ自体がデザインとも言えます。
スクールは、そのためにツールの使い方を勉強する場です。
楽して稼ぎたい邪(よこしま)な考えの人、創造力の無い人には絶対に理解できないのがデザインの世界です。

私は、自分のデザイン業務を通して、
創造する楽しさ、つくる楽しさ、人にいま以上の価値を提供する嬉しさを伝染させたいと考えています。



つい最近、デザインツールAdobe CCが大幅なアップデートをしました。
IllustratorやPhotoshopも、より表現力が豊かになる機能が追加されています。
いち早く使いこなして、ご自身の作品の質を上げていきましょう!
私もただいま勉強中...

私が思う「デザイン」と「スクール」私が思う「デザイン」と「スクール」私が思う「デザイン」と「スクール」

(2018年10月18日(木) 9:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大切なのは好奇心!印刷会社や広告代理店など、現場で培ったノウハウを伝授

新着記事

CC以前であれば、常識だった事が今では非常識になっています。 例えば、トンボ。 今は、Illustrator上ではトリムマークと表記されていますが、これ、今は、出力先によっては、要らないんです。いや、むしろ、要らないどころか邪魔になります。 あるいは、 仕上がりサイズより外には...

スマホやコンデジでは、そのほとんどが解像度72ppiのjpgデータです。 見た目は、一見いいのですが、やはり質は劣ります。 Rawデータとは、 カメラ本体ではほとんど色補正をせずにjpgにも圧縮せずにそのまま保存する保存形式で、一般的には生データとも言います。 容量は、jpgと比べ...

販促物などは、よくIllustratorやInDesignで仕上げるのですが、 画像もよくよく使います。 そんな画像を勿体無く使っている販促物をよく見かけます。 ジャギーがハッキリ見えてしまうほどの画質の悪い画像や、色補正しないまま印刷に回してしまったもの... それだけで...

写真1のように長方形などのオブジェクトのど真ん中にテキストを入れたい!と思っても、文字間が広い場合は特に左側にズレてしまいます... これは、Illustratorのバグ...テキストをアウトライン化してオブジェクト扱いにしないと綺麗に行かない... と、諦めていたらこの記...

トーンというのは、色を構成する三要素の中の2つを掛け合わせた配色になります。 色を構成する三要素は、  ・色相(色合い)  ・彩度(鮮やかさ)  ・明度(明るさ) この中の彩度と明度を合わせたのがトーンとなります。トーンには、いくつかの特徴に分けて名前が付いています。 例え...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ