サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室宮城 デザインの発想と表現 スクールブログ グラフや地図、...

グラフや地図、表などを分かりやすくデザインする。Adobe Illustratorを使った作例紹介 Part4.

Adobe Illustratorは、使いやすく自由度の高いデザインツールを使って、下記のような作品を制作するのに適したアプリケーションツールです。

【地図やグラフの作成】
地図やグラフなどでも、Illustratorを使えばさまざまな表現が可能に。見栄えが大きく変わります。

コミュニケーション・デザインの分野では、伝えたい情報を、二次元の抽象化された図、記号、数式、文字列や関連する表現によって、分かり易く呈示・説明したものを、「ダイアグラム」と呼んでいます。物事のコンセプト、そのシステムやプロセス、オペレーションを一目瞭然に表示することができるのですが、その表現によって量的に精緻な情報を示すものではありません。図解・図式は、「チャート」と呼ばれるのですが、ダイアグラムには、ツリー図、ネットワーク図、オイラー図のほか、フローチャート(「チャート」という言葉が付いているが分類上はダイアグラム)などがあり、一方、チャートに属するものとしては、棒グラフ、円グラフ、柱状グラフや、関数グラフが挙げられる。ダイアグラムとチャートを効果的に組み合わせることで、情報の「性質」と「数量」の伝達が可能になるんですね。写真は、仙台圏ハウジング年鑑をデザインした時に制作したグラフの「ダイヤグラム」です。結構単純に分かり易く表現しています。

グラフや地図、表などを分かりやすくデザインする。Adobe Illustratorを使った作例紹介 Part4.グラフや地図、表などを分かりやすくデザインする。Adobe Illustratorを使った作例紹介 Part4.グラフや地図、表などを分かりやすくデザインする。Adobe Illustratorを使った作例紹介 Part4.

(2018年10月6日(土) 12:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受賞歴多数。デザイン業界で活躍してきた先生による、独自メソッドが魅力!

新着記事

○オペレーターとデザイナー。 オペレーターは印刷分野においては組版する人のことなので、デザイン・レイアウトをする仕事ではない訳です。職種も全く違うのですが現在はこの二つの業種内容が一般に正しく理解されていないだけに、曖昧なまま現在に至ります。 ますますグラフィックデザイナーとしてはその役割...

①発信体 意思や知識、感情などを表現し、メッセージ( 意味)を伝達しようとする人。 ②記号化(信号化) 伝達したい意味内容を記号に変換する事。イラストレーションのデザインなどの視覚的表現の組み立てなどもこれに含まれます。 ③記号(信号) 発信者から受信者に伝達される文字や音声...

Adobe Illustratorは、使いやすく自由度の高いデザインツールを使って、下記のような作品を制作するのに適したアプリケーションツールです。 【Illustratorだけで制作した3種類のハガキサイズの作品を紹介します。】 最初は、2010年9月をイメージ表現したハガキ...

Adobe Illustratorは、使いやすく自由度の高いデザインツールを使って、下記のような作品を制作するのに適したアプリケーションツールです。 【地図やグラフの作成】 地図やグラフなどでも、Illustratorを使えばさまざまな表現が可能に。見栄えが大きく変わります。 コ...

【ポスター等のメディアデザイン】 写真画像やイラストデータ、テキストデータなどを自在に正確にレイアウトできるIllustratorは、ポスターなどの媒体のデザインをする多くのプロに使われています。 【作例1./3.11東日本大震災の復興ポスター】 最大の被災地仙台を復興と希望を込...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ