サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室宮城 デザインの発想と表現 スクールブログ 山形県と山形市...

山形県と山形市が共同で大学整備準備室を山形県庁に設置し東北芸術工科大学の設立準備をしていた1989年頃。

私は当時、仙台在住ではありましたがこの日は既に山形県庁に開設されていた大学整備準備室の室長を訪ねて山形県庁に居りました。確か1989年頃(約29年前)だったと記憶しております。現在の東北芸術工科大学(芸工大)がまだ学校法人としての法人格が出来る前の事でした。私が山形県庁内の大学整備準備室を訪ねたのは、この東北芸術工科大学(芸工大)が設置された際に、是非とも講師として加わりたいという思いで自己紹介を兼ねてポートフォリオを持参し室長に直接アピールしに伺っておりました。

偶然ですが、室長の苗字が私と同じ苗字だったため、何故か話が弾んだことを覚えております。私がデザイナー協会の会員であることを悟ってか室長の方から、「デザイン・芸術系の教員を山形に集めるのにふさわしい人物が旧京都芸術短期大学にいて、粟津 潔先生という方ですが、原田さんはご存じありませんか。」と聞いてきたのです。当然ですが、私にとってはデザイン業界の巨匠であり大先輩で、憧れのデザイナーでもありましたから何度かデザイン団体の全国会議などでお目にかかっており、名刺交換もしたことがあるため、「勿論、粟津先生のことは存じあげております。業界の会議で何度かお話をしたことがありますね。」と言うと。室長から、「粟津先生に教員集めに一声かけていただければ、業界の方々が協力的になり、教員教授が集まりやすくなる。と伺っているんです。原田さん、私に粟津先生をご紹介いただけませんか。大学整備準備室長の原田と県庁内の電話番号を粟津先生に原田さんから紹介いただき、粟津潔先生の事務所の電話番号を私に教えてくだされば、こちらで連絡をとります。大学設置の際の教員を募集するのに、派閥の問題や地域の格差、更に業界との関係で山形に良い人材としての教員を集めるのは大変な実態があり、旧京都芸術短期大学との関わりの深い、粟津 潔先生のお力をお借りしたいと思っておりました。」と言うのでした。私は、この大学の講師として関われれば申し分ないことでしたので、粟津デザイン事務所にその場で電話をしてもいいかを室長に訪ね、許可をいただきその場で粟津先生に電話を入れました。丁度、制作室におられたようで、電話で現状をお話しますと、とても興味を持たれ快いお返事をいただいたのです。室長に電話に出られるかを訪ねると、後ほどご本人から連絡をすることをお伝えください。と言うことでしたので、粟津先生にこのことを申し上げ、お礼を言って電話を切りました。室長に私のポートフォリオを紹介した後、暫くお借りしたいと言うことでしたので私のポートフォリオは大学整備準備室の室長に預けて、この日は仙台に戻りました。

1ヶ月後、山形県鶴岡市のデザイン仲間より電話があり、今度の土曜日に粟津 潔先生が所用で鶴岡に来られるとのことでした、しかも私にも連絡をしてほしいと先生に言われたらしく、何でも鶴岡駅前マリカ東館3階の庄内産業振興センターを訪ねてくる。とのこと。私は何時に産業振興センターに入るのかを仲間より聞きだし、その時間に合わせて鶴岡に向かいました。その日は、庄内産業振興センターで粟津先生とお会いし、先日の東北芸術工科大学(芸工大)の大学整備準備室へのご協力いただいたことにお礼を言い、一緒にいたアシスタントの方と一緒にそのまま近況を語りながら駅まで歩いて見送りました。

その後、当初公立大学として予定されてもいた県と市が共同で設置した大学整備準備室が解消され、芸術工科大学の設立基本構想が、私立大学として開学する方針となり同年12月には学校法人設立準備委員会が発足し、翌1990年3月までに大学用地である山形市桜田低丘陵地の買収も終了。同年12月に文部省の認可が決定し、私立大学新設は実現することになったのです。

東北芸術工科大学(芸工大)は、法人による大学の設立段階までを「準備委員会」(県と市)が行い、施設完成年度以降の運営は学校法人に委ねる公設民営方式を執ることとなったようです。それ以前、私が山形県庁内に開設された大学整備準備室の室長と直接会い、粟津 潔先生をご紹介させていたただいた事も事実で、私のポートフォリオも未だに預けたままである事も事実です。

 

(2018年8月28日(火) 13:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

受賞歴多数。デザイン業界で活躍してきた先生による、独自メソッドが魅力!

新着記事

近代デザイン発祥の地として、それに相応しい街創りや市民のデザイン意識の向上を計りつつ、デザイン・クリエイティブ各業界の発展に寄与するべくスタートした「せんだいデザインウィーク2004」。 せんだいメディアテーク(smt)を中心に市内各所にてデザインイベントを開催するというもので当時の宮城...

OACクリボラ展世界巡回ポスター展を2006年に仙台にて開催いたしました。 「世界の子どもたちを守れ。HIV/エイズから守れ」をキャッチフレーズとして開催される世界巡回ポスター展を正に世界に先駆けて仙台にて開催させていただいた時の記録です。 日本全国の広告制作会社で組織されるOACに所...

13年間で制作発行した企画本の種類は全52種類、全てオリジナル企画で、B6判オフセット印刷、カラー16ページ、中綴じ製本フリーペーパースタイル。 企画の段階から、テーマ・プランニングは学生たちの発想によるもので「ファッション誌、クルマ紹介誌、美味いもの紹介、Music Magazin、名...

イラストレーターや、デザイナーなどの職業に関してのこと。また、個人的な事としてIllustratorの使い道としてのアドバイスや、あることに関する使用方法を知りたい。身近なことでもいいんです。年賀状、挨拶状、招待状、の作り方。あるいはパソコンとの関連や互換性、パソコンやIllustratorな...

私は当時、仙台在住ではありましたがこの日は既に山形県庁に開設されていた大学整備準備室の室長を訪ねて山形県庁に居りました。確か1989年頃(約29年前)だったと記憶しております。現在の東北芸術工科大学(芸工大)がまだ学校法人としての法人格が出来る前の事でした。私が山形県庁内の大学整備準備室を訪ね...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ