全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室千葉 ヨッシーのIllustrator教室 スクールブログ Illustr...

Illustratorは使いながら学べます

ご存知の方も多いかもしれませんが、現在の広告物は殆どのものがIllustratorを使ってデータ化され印刷されたり材料や資料のデータとして使われています。

自分が最初に使用したIllustratorのバージョンがVer.3.3という今やCCと言われるIllustratorから見るとかなり古いもので機能としても今のIllustratorの機能からみると“おもちゃ”としてしか見れないものでした。

その後、5.0が出て5.5が2年ぐらい主流になったのですが8.0にとって変わるまで5年もかからなかったと思います。

不具合が多かった9.0は定着せず10.0が出た時は重たい画像データが扱えてなかなか重宝しそうだったにも関わらずAppleがOS Xを発表。Illustrator8.0以前のものは、まったく使えなくなり、制作現場ではOS 9とOS Xを切り替えながら使っていたのを思い出します。

いつの間にかCS1が発売されCS2が発売するとIllustratorの主流アプリとなりました。

自分は今だCS2をパソコンで使っています。今だに表現上、問題なく使えるのですから賢いアプリケーションです。

自分の場合はIllustratorVer.3.3の頃から使いはじめバージョンアップとともにIllustratorを使いながら常に使い方を学び、知識とスキルを構築してきました。

そんな中で自分が感じた事としては、「とりあえずやってみる」「試してみる」です。

Illustratorにはコマンドボックス、ツールボックス、ウインドウ、フィルターなど、たくさんありますが、1つの作業で全部を使う事はまずありません。

また、ショートカットキーというものがあります。これはパソコンのアプリケーションであればどんなものにもある機能でワードやエクセルで言うと“コマンド(コントロール)F”で検索ウインドウが出ると言ったようなものです。

Illustratorにもショートカットキーがたくさんあります。ヤフーやグーグルで検索するとたくさんあって見ただけで面倒くさくなります。

でも、Illustratorを使って何を作るのか?作りたいか?を明確にすることで、年賀状を作るなら!お店で使うチラシを作るならと思えた時、実際に使いながらやってみると、Illustratorって意外と便利な物なんだと理解していただけると思います。

最初はわからない事だらけで苦手意識が先行してしまうと思いますが、使い方次第でどれだけ効率的で楽しく面白い、こんなアプリケーションはなかなかありません。

作りたいもの、やってみたい事を是非お教えください。

どうしたら実現するかを一緒に考え、どんな知識とスキルがあれば目的が達成できるかをレクチャーできたら自分も嬉しいです。

もしかしたらIllustratorというアプリケーションだけでは完結できないかもしれません。

でも安心してください、自分はグラフィックデザイナーとして25年以上を現場でやってきました。当然Illustrator意外のアプリケーションもわかります。

SAITAでは色々な事を学べるコーチがたくさんいらっしゃいます。

オフィスもフォトショップも会員となって色々なコーチと学ぶ事でたくさんの知識とスキルが身に付くはずです。

最初は体験という形でコーチとアプリケーションの概要、どのぐらいのペースでやってみたいか?

自分のペースで楽しく学べます。そして皆様の今後に活かして頂きたいと思っています。

Illustratorは使いながら学べます

(2016年8月30日(火) 8:55)

前の記事

この記事を書いたコーチ

DTPデザインを15年!モノ作りの面白さに気付くレッスンはお墨付き

ブログ記事 ページ先頭へ