サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室愛知 まなぶデザインカフェ スクールブログ Illustr...

Illustrator|デザインは、「気遣い」のカタマリ!

そもそも、「デザインをする」というのは、
「チラシを作る」とか「見栄え良くする」などと言った表面的なことではありません。
それでは、「作った」「変えた」に過ぎず、本来はその後の結果が大事だからです。



 |気遣いのカタマリ
何を作るにしろ、デザインするには膨大な情報や計画、想いなどを限られたスペースや表現方法にまとめなければなりません。そういった意味で言えば、「デザインする」とは「目に見えないユーザーへの気遣いのカタマリ」とも言えます。

単にビジュアルを作成するのは簡単なことではありますが、そのビジュアルから得た情報の中に本来伝えたいメッセージがバランス良く伝わるかがデザインの良し悪しとなります。

また、人は見た瞬間、1秒足らずで全体の印象を決めてしまうもの。
どれだけ本文の内容が良くても一度ついてしまった印象は簡単には拭い去れません。
あるいは、商品がどれだけ良くてもその前のビジュアルデザインがチンプだと商品までたどり着くことが大変困難になります。

本来伝えたいことのためにも最初のビジュアルデザインは、とても重要な役割を担っています。



 |フライヤーの場合
例えば、添付画像のようにフライヤーを作成しようとする時、四隅の余白を大事にする人としない人とではこれだけ受け取った印象が違ってきます。
余白が5mmだとなんだか窮屈ですよね。まだ10mmあったほうが見やすいです。

また、小窓のコメント欄を見ても、左はレギュラーサイズの明朝体。右はボールドまで太くした明朝体。
図柄としてみれば右のボールドのほうが見やすいですが、文章として読みやすいのは左のサイズです。
右のサイズでも読めないことはありませんが、なんだか疲れてしまいますね。

これらもまた、ユーザー目線での気遣いと言えると思います。



これら「気遣い」は、余白やフォントだけではなく、写真撮影、イラスト、地図などあらゆるところで必要となってくる作成者が持つべきデザインの心得のようなものですね。

みなさんが目にするあらゆるビジュアルデザインのどこに「気遣い」があるか探してみてください☆



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

大切なのは好奇心!印刷会社や広告代理店など
現場で培ったノウハウを伝授

『 まなぶデザインカフェ 』

富田 學 Tomida Manabu

https://cyta.jp/illustrator/s/mdc
[まなぶデザインカフェ]で検索!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Illustrator|デザインは、「気遣い」のカタマリ!Illustrator|デザインは、「気遣い」のカタマリ!

(2016年1月17日(日) 4:35)

前の記事

次の記事

新着記事

A. まずは、主要なツールを知ること!次に描いたオブジェクトに各パネルを使って編集できるように! 一般的なIllustratorの配置として、左側にある縦のツールパネル。これが、いわばペン立てのようなもの。鉛筆やペン、はさみや物差しなど、いろんなツールが揃っています。 この中のツー...

11月20日に行われたAdobe MAX JAPAN 2018 クリエイターが集結する祭典! 今年は、野沢雅子芸人というかドラゴンボール芸人というか... アイデンティティのお二人が一日中遊びに来てくれました! グッズも展示も好評で SNEAKSでは黄色い声援が連発! 映像...

A.どちらでもOK!ハードに関しては注意が必要 正直、ハードに関してはどちらでも良いかと。 Winが慣れていればWin。MacがよければMac。 ただメモリ8G,ストレージ128Gでは、作業にならないかと思います。 せめてどちらも倍は欲しい。ストレージに関しては256でもきつい...

A. ぜひレッスンで解決しにきてください!やり方はさほど難しくないですが、注意事項が多々あります。 簡単に紹介すると 1...テキストを作成 2...背面に複製 3...前面をロック 4...背面の線を太く 5...背面をアウトラン化 6...背面を分割拡張 あるいは パスの...

A. もちろん!代用ではありますが、MacでIllustratorレッスンは可能です。 「いやいや、WindowsとMacではOSも操作も違うじゃん!」 って思うかもしれませんが、 実際のところ、IllustratorはOSにあまり依存していません。 もちろん見た目は少し違いま...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ