全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室千葉 いちかわIllustrator教室 スクールブログ はじめまして!

はじめまして!

こんにちは。
グラフィックデザイナーの和田晃大(わだあきひろ)です。

初めてのブログですので、なぜCytaのコーチになったのか、ちょっと長くなりますけどお話ししますね。

自己紹介にも書きましたが、通信制の学校の講師をしています。
通信制では授業の4分の1は面接授業で単位を修得しなければならないという”オキテ”があり、その授業のことをスクーリングと呼びます。

日本各地から、10代〜60代の学生の皆さんが、休日をやりくりして集まってこられますので、教室内は真剣そのもの。
通学生なら半期で習得するものをスクーリングでは朝から晩まで数日間集中的に行いますので、精神的にも肉体的にも大変なことは言うまでもありません。

私の受け持っているスクーリングは主に初学者向けで、IllustratorとPhotoshopを使って一枚のレイアウトを仕上げるものですが、人によってその習得度はまちまちで、非常に素晴らしいアイデアを持ちながら、表現するテクニックが未熟なため残念な仕上がりとなる学生がたくさんいます。

私も、どうしても一人の学生に付きっきりで指導するというわけにいかず、スクーリング後には「あの時はこうすれば良かった」という反省点が必ずあります。教える側にも欲求不満がけっこう溜まるんですね。

また、スクーリングは一期一会なことが多く、学生の”その後”を窺い知ることがなかなか難しいのです。次に会ったのが数年後の卒業展だった、なんてことが普通です。
なので成長過程を見届けられないジレンマ(笑)を常に感じていました。

それらを補って余りある教室がCytaだったんですね。
マンツーマンで生徒がスケジュールなどのイニシアチブを持つこの方式ならとても理想的だと。

なぜか千葉県がIllustrator教室の空白地域だったこともあり(笑)この空白を埋めなければという使命も感じました(ウソです)

Mac使用歴はOSが漢字Talk6.0と呼ばれていた頃からでいたずらに長いのですが、Cytaのコーチとしては駆け出しです。
なので私と共に成長される喜びを分かち合える学生さん、お待ちしています!

 

(2015年12月2日(水) 17:41)

次の記事

この記事を書いたコーチ

イラレ歴20年以上!通信制美大の講師も勤める、生徒目線がモットーの先生

いちかわIllustrator教室
和田晃大 (Illustrator)

小岩・市川・本八幡・松戸・市川真間・矢切

ブログ記事 ページ先頭へ