全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室愛知 まなぶデザインカフェ スクールブログ design|...

design|デザインする上で 頭の中にある3つの資料

何かをデザインする時に皆さんは何を考えていますか?
私は、色彩学を勉強したのもあって、いつもこの3つの資料は常に頭の中にあって、
何かを考える時にそれぞれに照らし合わせて試行錯誤しています。



 |色相環
まずは、色味の居場所を考えます。
そして、配色を考える時はそれぞれの色味の関係を考える時に便利です。

全体に散らばっているとカラフルになりますが、
逆に色味が散らばりすぎてまとまらない場合には、
まず基調色を決めて、その周辺の類似色で全体をまとめます。
強調するところにコントラストのある色味で決めると
全体に締まって見えます。



 |トーン
トーンとは、明るさを決める「明度」と鮮やかさを決める「彩度」を併せ持つ色の調子のことです。
トーンは、同じトーンであれば色味に関係なく馴染みますので、
例えば、b(ブライト)トーンの中に1色だけs(ストロング)トーンがあると
色味が何色であっても違和感を覚えます。



 |イメージスケール
イメージスケールは、その名の通り漠然としたイメージをそれぞれのタイプに分けて共有するポジショニングマップです。
タイプにはそれぞれ性格がありますので、その性格毎に好む色味や言葉、好まない物などを検討する上で重宝します。
それぞれのタイプのイメージもまた、個人差がありますので、単に決めるのではなく、さらに詰める必要はありますが、
タイプを決めるのは、地味な作業ですがその後の進行具合にかなりの影響を与えます。



お店の雰囲気、店内POP、ユニフォーム、キャラクター、販促物、ウェブサイトなど
あらゆるビジュアルデザインを考える時は、ぜひこのような資料を参考に検討してみてください。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

大切なのは好奇心!印刷会社や広告代理店など
現場で培ったノウハウを伝授

『 まなぶデザインカフェ 』

富田 學 Tomida Manabu

https://cyta.jp/illustrator/s/mdc
[まなぶデザインカフェ]で検索!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

design|デザインする上で 頭の中にある3つの資料design|デザインする上で 頭の中にある3つの資料design|デザインする上で 頭の中にある3つの資料

(2015年11月14日(土) 1:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大切なのは好奇心!印刷会社や広告代理店など、現場で培ったノウハウを伝授

まなぶデザインカフェ
富田學 (Illustrator)

名古屋・岐阜・尾頭橋・尾張一宮・西岐阜・穂積・大垣・東枇杷島・岐南・名鉄岐阜・尼ヶ坂...

ブログ記事 ページ先頭へ