全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室東京 だれでも簡単デザイナー スクールブログ あれっ?印刷ミ...

あれっ?印刷ミス?こっちの手違い?印刷業界のセオリーと落とし穴

こんにちは^^ やすこです^^

添付の画像をみてどう思いますか??

実は同じ黒なのに片方は透けていて、片方は透けてないんです。
データのカラーはもちろん同じですよ^^

ときどきお客様から
「自宅や会社ではなんともなかったのに、印刷出したらなんか黒が透けてた!!!」
「自宅のプリントは大丈夫だったのに、印刷出したら白い文字が消えてしまった!!」というご相談いただきます。

同じ黒なのに、こっちは透けてない、、とかね。
実はそれには、、、ちゃんと理由があるんです(=_=;)ドキリ...

まずちゃんとしたデザイナーになるには、
印刷会社に印刷データを出したあと、何が行われているか、
それを知らないといけないのです!!!!!(なんてエラそうな...汗)

さてここからが楽しい楽しい印刷会社と製版の世界。。。

入稿データを印刷データに変換する際、実は必ず踏む手順があるのです。
簡単にいうと、それをされると、ただの黒は透けるんです!

余計なことして〜、、、、って、思うかもしれませんが、
それによって、知らず知らずのうちに助けられていることが
多々あるのです^^

なので、デザイナーは、そうしたくない箇所は、
データにそ意思を反映しないといけないのです。。

人生楽しいだけじゃないですね。。。

ということはそう、、、、実は知らず知らずのうちに、自分で文字が
透けたり消えたりするデータを作ってしまっているんです(´Д`;)

えええ???私のせい???まじでーーーーー(T_T)!!!

なんてならないように、それを回避する指示の出し方、データチェックの仕方しっかりお勉強しましょう^^

というわけで
続きは授業か、担当の先生にお聞きください^^

では、失礼します^^

あれっ?印刷ミス?こっちの手違い?印刷業界のセオリーと落とし穴

(2015年11月6日(金) 18:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

印刷会社のデザイナーを経て独立!趣味の写真加工から就活用の作品まで

だれでも簡単デザイナー
湯本泰子 (Illustrator)

自由が丘・大岡山・二子玉川・鷺沼・たまプラーザ・あざみ野・センター南

ブログ記事 ページ先頭へ