サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室神奈川 きよみIllustrator教室 スクールブログ 薄化粧が一番だ...

薄化粧が一番だ!

今、いくつかの仕事を同時に進行させている。
Illustratorで旅行パンフレット。Wordで32ページの冊子。Excelで簡単なポスター。そして手描きPOP。先月まではInDesignで雑誌を作っていたことを考えると、IllustratorとWordとExcelとInDesignと手描き。凄いラインナップだ。これだけ違うアプリケーションソフトを使用して同時に「広告物を作る」ことは初めてなので、何かいろいろあり過ぎて、変な怒りがこみ上げてきてしまった。

例えばExcelで印刷物を作る時、凄い違和感を感じる。本来「私、計算命です!」っていうソフトだった筈なのに、知らないうちに色んな事やらされる羽目になり、挙句「私デザインできますけど?」みたいな顔されると、“貴様~~~!” って胸ぐらを締めあげたくなる。そしてこれと全く同じ怒りをIllustratorやPhotoShop、InDesignに感じたことを思い出してしまった。

バージョンアップするたびに、妙な機能を増やされやたらと動作が重くなりやがる “ Illustrator ”。誰が文章を組むんだよって言いたくなるほどテキスト関係を意識した “ PhotoShop ”。そしてアンタにイラスト描いてもらおうなんて微塵も思ってないのに描く気満々の装備の “ InDesign”。

どいつもこいつも、余計なことに手を出しすぎて本来の印象から少しずつズレが生じている。何かのきっかけで厚化粧化が止まらなくなったスッゴイ美人さんや、筋肉を付けすぎてボディービルダー顔している漫才師みたいで、見てて「痛い」。(春日さんゴメン)

とは言え、とてつもなく頭の良い人たちが作ったソフトだろうから、全ての機能に意味はあるんだろうな。こんなアホーなオババの戯言は、きっとデジタル化の流れにサラッと飲み込まれてしまうんだろうな。そして更に奴らは妙な方向へ進化し続けるんだろうな。

そこで私は断言する。Illustratorは「薄化粧状態だった8.0が一番である!!」と。

あっ、でもね…やっぱりバリバリ厚化粧状態の新バージョンも捨てがたいかな?

 

(2015年7月27日(月) 21:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

多摩美大卒、講師歴25年!参考書ではなく”見て学ぶ”レッスンしませんか

新着記事

先月、結構大掛かりな手術をしなければならなくなり、2週間ほど病院生活をしてきた。 最初の2日間は『痛さとだるさ』でグッタリしていたが、3日目あたりから暇を持て余すようになってきたので、イラストを描くことにした。点滴スタンドをズルズル転がしながら売店へ行き、“レポート用紙” と “ぺんてる...

“イラストレーター” とか “デザイナー” とかいう肩書で仕事をしていると、「建築パース描いて」「水彩の風景画描いて」「ホームページ作って」 など、かなり雑な仕事の頼まれ方をする事がある。そんな時「参ったな〜」ってシミジミ思う。“イラストレーター” って言うだけで何でも描けると思うなよ。「コン...

今日、久々に立ち寄った書店でとんでもないものを発見してしまった。 「大相撲、名力士風雲録、北の湖。圧倒的強さを誇った威風堂々の大横綱。名勝負セレクション38番!」(月刊DVDマガジン創刊号) “北の湖” 好きにはたまらないキャッチコピーと、 “北の湖” 好きにはたまらない浮世絵のように美...

若い頃は、音楽を聞きながら漫画を読み、テレビを見ながら電話をし、徹夜してどんなに眠くてもご飯を食べ、そして食べながら眠り、ウチワのように揺らめく頭部を目前のテーブルにガンガン打ち付けてもなお食べ続けるという荒業を平気でやってのけていた。ところが最近では、何か考えながら歩くとやたらとつまづき、音...

今、いくつかの仕事を同時に進行させている。 Illustratorで旅行パンフレット。Wordで32ページの冊子。Excelで簡単なポスター。そして手描きPOP。先月まではInDesignで雑誌を作っていたことを考えると、IllustratorとWordとExcelとInDesignと手描き...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ