サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室神奈川 きよみIllustrator教室 スクールブログ 手描きPOPと...

手描きPOPと舞台俳優

先週からPOP看板を作っている。何十年ぶりだろう?しかも、すべて “手書き” ときているから参った参った。「Illustratorなら一発なのに」と、淋しくうなだれるオバちゃんの姿を想像して頂けたら幸いである。

はじめは、一緒に作っているPOPの達人(通称:師匠)に結構ビビった。「ほっほ~、そうきますか」とか「ヤッバ!うますぎでしょ」とか、心の中で大騒ぎだ。ところが作り始めてしばらく経つと、下手なくせに楽しくって仕方が無くなってきた。今では止めどなく溢れだすアイディアに「ペンが止まりませんゼ!」な〜んて、いい気になり浮かれまくった末、師匠に “ど突き回されている” オバちゃんの姿を想像して頂けたら幸いである。

そして、うなだれたり浮かれたりしている中、“ハタ?” と思った。
デジタルで作れば、速く・美しく・簡単に作れるのに、敢えて “手描き” なのは何でだろう? 
そして、うなだれたり浮かれたりした後、“ハタ!” と気がついた。
ダイレクトに作った分、その反応もダイレクトに返ってくる「緊張感があるからだっ!」て。

作る側と見る側の距離がシコタマ短い手描きPOPは、印刷広告では味わえない “ユーザーの直の反応” を味わう事ができる。もちろん今の広告業界はデジタルに頼るべき部分が殆どで、Illustratorを使った方が絶対的に美しく個人的には大好きである。手描きの使い所を間違えればとてつもなく古臭いものになってしまうし…。ただ “的を得た使い方” をすれば、「Illustratorでは発信できないメッセージを作ることが出来るという強みはあるぞ。」な~~~んて思いながら今日は枝豆のPOPを描いてきた。(もちろんキャッチコピーは「ビールがうまい!!」だ。)

さてさて最後に、例えはちょっと変だけれど、不特定多数の人が見るテレビや映画より、舞台の仕事の方が “お客様との距離が実感できる” って言う俳優さんの話をよく耳にするけれど、きっとこれと同じ感覚なのかもしれないな。ってことはもしかして…手描きPOPって絶対になくならないってことだから、バリバリ仕事しなくっちゃ!

 

(2015年6月26日(金) 0:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

多摩美大卒、講師歴25年!参考書ではなく”見て学ぶ”レッスンしませんか

新着記事

先月、結構大掛かりな手術をしなければならなくなり、2週間ほど病院生活をしてきた。 最初の2日間は『痛さとだるさ』でグッタリしていたが、3日目あたりから暇を持て余すようになってきたので、イラストを描くことにした。点滴スタンドをズルズル転がしながら売店へ行き、“レポート用紙” と “ぺんてる...

“イラストレーター” とか “デザイナー” とかいう肩書で仕事をしていると、「建築パース描いて」「水彩の風景画描いて」「ホームページ作って」 など、かなり雑な仕事の頼まれ方をする事がある。そんな時「参ったな〜」ってシミジミ思う。“イラストレーター” って言うだけで何でも描けると思うなよ。「コン...

今日、久々に立ち寄った書店でとんでもないものを発見してしまった。 「大相撲、名力士風雲録、北の湖。圧倒的強さを誇った威風堂々の大横綱。名勝負セレクション38番!」(月刊DVDマガジン創刊号) “北の湖” 好きにはたまらないキャッチコピーと、 “北の湖” 好きにはたまらない浮世絵のように美...

若い頃は、音楽を聞きながら漫画を読み、テレビを見ながら電話をし、徹夜してどんなに眠くてもご飯を食べ、そして食べながら眠り、ウチワのように揺らめく頭部を目前のテーブルにガンガン打ち付けてもなお食べ続けるという荒業を平気でやってのけていた。ところが最近では、何か考えながら歩くとやたらとつまづき、音...

今、いくつかの仕事を同時に進行させている。 Illustratorで旅行パンフレット。Wordで32ページの冊子。Excelで簡単なポスター。そして手描きPOP。先月まではInDesignで雑誌を作っていたことを考えると、IllustratorとWordとExcelとInDesignと手描き...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ