サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室神奈川 きよみIllustrator教室 スクールブログ 春が来た!福が...

春が来た!福が来た!

ここ数年、自然をモチーフにした作品を描いているので、木々や花々がとても気になる。だのに、我が家には「色のある花」がほとんどない。季節ごとに、梅・すずらん・百合・曼珠沙華・ツツジなど咲くには咲くが全部が白い。まさに質実剛健(いきなり武士が飛び出してきそうな家だ)。

そんな武家屋敷?にも、例外的に色を咲かせる花がある。“ 福寿草 ”だ。真っ先に春を運んでくれる黄色い天使。霜柱の下からゴリゴリと頭を押しあげ、貪欲に陽の光を吸収しながら、怒涛のように成長をしてゆく姿を日々観察していると、ついつぶやいてしまう。「福ちゃん、アンタ凄いヨ」。
バラやユリと容姿で競ったら絶対に勝てない地味な花なのに、なぜか極上美人(バラやユリ)を圧倒している。太陽にキリッと立ち向かう姿には 品格すら感じる。という訳で、愛してやまない“ 福寿草 ”を私は今、Illustratorで描いているのだが、これが結構むづかしい。見た目が “土着的” な福ちゃんから “品格” を漂わせるにはどうすりゃいいの?

普段は、スケッチをして大体のイメージを固めてからMacの前へ座るのだけれど、今回は計画的に仕事を進めていくよりも、ひとつのキーワード『福寿草の印象』だけを頼りに描き進めた方がうまくゆきそうだ。そこで、始めにペンツールで花びらを一枚描いてみる。回転ツール→花びらの下中心をoptionを押しながらクリック→30度・回転コピー→command+Dで繰り返す→花びらを一枚おきに少しだけ色を変える。
クルクルッ!!と花びらが回転して花の輪郭が見えてきたな。続いて、すべての花びらを選択→コピー→前面へペースト→拡大縮小ツール→花びらの中心をクリック→50%縮小。こんな感じで土台を作り、ぶっつけ本番で思いつくまま色々な表現を探しながらの制作をしている。そしていつものように「やっぱりデジタルって凄いよな」ってしみじみと思うのです。

と、のんきなことを言っている場合ではないのだ。早く完成させなければ!
だって、後ろには花の王様“桜” が控えているし、そろそろ福ちゃんの季節終わっちゃうもの。

 

(2015年3月16日(月) 12:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

多摩美大卒、講師歴25年!参考書ではなく”見て学ぶ”レッスンしませんか

新着記事

先月、結構大掛かりな手術をしなければならなくなり、2週間ほど病院生活をしてきた。 最初の2日間は『痛さとだるさ』でグッタリしていたが、3日目あたりから暇を持て余すようになってきたので、イラストを描くことにした。点滴スタンドをズルズル転がしながら売店へ行き、“レポート用紙” と “ぺんてる...

“イラストレーター” とか “デザイナー” とかいう肩書で仕事をしていると、「建築パース描いて」「水彩の風景画描いて」「ホームページ作って」 など、かなり雑な仕事の頼まれ方をする事がある。そんな時「参ったな〜」ってシミジミ思う。“イラストレーター” って言うだけで何でも描けると思うなよ。「コン...

今日、久々に立ち寄った書店でとんでもないものを発見してしまった。 「大相撲、名力士風雲録、北の湖。圧倒的強さを誇った威風堂々の大横綱。名勝負セレクション38番!」(月刊DVDマガジン創刊号) “北の湖” 好きにはたまらないキャッチコピーと、 “北の湖” 好きにはたまらない浮世絵のように美...

若い頃は、音楽を聞きながら漫画を読み、テレビを見ながら電話をし、徹夜してどんなに眠くてもご飯を食べ、そして食べながら眠り、ウチワのように揺らめく頭部を目前のテーブルにガンガン打ち付けてもなお食べ続けるという荒業を平気でやってのけていた。ところが最近では、何か考えながら歩くとやたらとつまづき、音...

今、いくつかの仕事を同時に進行させている。 Illustratorで旅行パンフレット。Wordで32ページの冊子。Excelで簡単なポスター。そして手描きPOP。先月まではInDesignで雑誌を作っていたことを考えると、IllustratorとWordとExcelとInDesignと手描き...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ