全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室群馬 NAOイラストデザインスクール スクールブログ ペットの似顔絵...

ペットの似顔絵2

久しぶりにペットの似顔絵の依頼があった。

ペットの似顔絵のことは以前にブログで書いたので、それを読んで欲しいです。

今回は、僕流のイラストレーターでの動物の描き方を書いていきます。

描いた画像をアップしておきました。



画面に同じ写真を2枚横に並べて配置する。

一方はトレース用、もう片方は参考用です。

まず「ペンツール」で写真の動物の輪郭線をトレースする。

そして、同じく「ペンツール」で目と鼻と口を描く(この時点で写真を参考に、塗りや目の光沢とか鼻の光沢などもつけてしまう)。

その後は、「スポイトツール」で元の写真から色を採りながら、「鉛筆ツール」でマウスのフリーハンドで写真を参考に模様を描いていく。

輪郭線をコピーして「クリッピングマスク」をしておけば、模様がはみ出しても大丈夫なので便利です。

「スポイトツール」でそのままの色を採って使っても、絵としては色が変になったりするので注意が必要です(全体を見て、バランスよく色を変えていく)。

最後に模様を「ぼかし(ガウス)」で少しぼかせば完成です。

模様は完璧に模写しなくても、大体あっていればそれっぽく見えます。

誰かに教わったりとかしなかったのですが、何故か自然とこの描き方が身についていました。

皆さんも試しにイラストレーターで動物を描いてみて下さい。

結構おもしろいですよ!



ペットの似顔絵2

(2015年1月29日(木) 19:36)

前の記事

この記事を書いたコーチ

キャラ製作やゲームの企画経験あり!似顔絵からHPまで幅広く対応

NAOイラストデザインスクール
仲川尚秀 (Illustrator)

小俣・足利・福居・足利市・韮川・太田・木崎・佐野市

ブログ記事 ページ先頭へ