サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室神奈川 きよみIllustrator教室 スクールブログ 恐るべし!「I...

恐るべし!「Illustrator」

初めまして! 「きよみIllustrator教室」の北野です!

さて、いきなりですが、「鈴木英人」っていうイラストレーターご存知ですか?
私が「Illustrator」というソフトにのめり込むキッカケになった作家です。

今から三十数年前、“一世を風靡した” ってだけでは、くくりきれない程、あらゆる媒体で彼の描く、 『スカっと晴れ上がった海岸』 や『イカしたアメ車』 や 『小洒落たカフェ』を目にしたものです。

シルクスクリーンという画法で制作された彼の作風に少しでも近づきたくて、当時の私は、カラートーン(今や絶滅状態か?)や色紙を使って色々チャレンジしまくりました。

このカラートーンっていうのが、結構地道な作業で、かかる手間と時間が半端ない。
「地道な作業に押忍!!」「根性で夜露四苦!」みたいなノリですかね。

そして数年後のある時、気づいたんです。
「この切ったり貼ったりする作業ってIllustratorなら一発じゃない?」って事に。

多分「Illustrator」で出来る事を「100」としたら、世界中の何人がこの「100」を使いこなせているんだろう。多分一人もいないんじゃないかしら?(※個人の感想です!)かなり多くの人が私みたいに、果てしない寄り道をしているのではないかしら?

恐るべしIllustratorなのです!(何とかタイトルに持って行けたよ…。)

●作業時間が減る事は、考える時間が増える事  by watashi

 

(2014年7月18日(金) 22:03)

次の記事

この記事を書いたコーチ

多摩美大卒、講師歴25年!参考書ではなく”見て学ぶ”レッスンしませんか

新着記事

先月、結構大掛かりな手術をしなければならなくなり、2週間ほど病院生活をしてきた。 最初の2日間は『痛さとだるさ』でグッタリしていたが、3日目あたりから暇を持て余すようになってきたので、イラストを描くことにした。点滴スタンドをズルズル転がしながら売店へ行き、“レポート用紙” と “ぺんてる...

“イラストレーター” とか “デザイナー” とかいう肩書で仕事をしていると、「建築パース描いて」「水彩の風景画描いて」「ホームページ作って」 など、かなり雑な仕事の頼まれ方をする事がある。そんな時「参ったな〜」ってシミジミ思う。“イラストレーター” って言うだけで何でも描けると思うなよ。「コン...

今日、久々に立ち寄った書店でとんでもないものを発見してしまった。 「大相撲、名力士風雲録、北の湖。圧倒的強さを誇った威風堂々の大横綱。名勝負セレクション38番!」(月刊DVDマガジン創刊号) “北の湖” 好きにはたまらないキャッチコピーと、 “北の湖” 好きにはたまらない浮世絵のように美...

若い頃は、音楽を聞きながら漫画を読み、テレビを見ながら電話をし、徹夜してどんなに眠くてもご飯を食べ、そして食べながら眠り、ウチワのように揺らめく頭部を目前のテーブルにガンガン打ち付けてもなお食べ続けるという荒業を平気でやってのけていた。ところが最近では、何か考えながら歩くとやたらとつまづき、音...

今、いくつかの仕事を同時に進行させている。 Illustratorで旅行パンフレット。Wordで32ページの冊子。Excelで簡単なポスター。そして手描きPOP。先月まではInDesignで雑誌を作っていたことを考えると、IllustratorとWordとExcelとInDesignと手描き...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ