全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室群馬 NAOイラストデザインスクール スクールブログ お店の看板と集...

お店の看板と集客力

今朝のテレビで店の看板のデザインを変えたら、集客力がアップしたということをやっていた。

確かにそれはあると思う。

前に書いたロゴデザインなどもそれに当てはまる。

看板やロゴデザインは店や企業の「顔」というべきもので、そこが蔑ろになると如実に売り上げなどに影響が現れる。

僕の家の近所に、あるお店がオープンした。

車で前を通りかかって看板を見たのだが、青や紫などの色を使っていてデザインもアジアン風な模様をあしらっていた。

パッと見「タイとか東南アジアのマッサージ店」かなと思った。

でも、また別の日に通りかかった時に信号待ちでよく見てみたら、「洋食屋」と書いてあった。

外にあった黒板のメニューを見ても、普通に日本の洋食屋だった。

「あの看板のデザインで食べ物屋?」と頭の中でちょっとパニックになった。

案の定、半年ぐらいでその店はなくなっていた。

今思うと何で飲食店なのにあんな看板のデザインにしたのか謎である。

看板のデザインとは少し違うけど、これまた近所に中華料理屋ができて行ってみたけど、あんまり美味しくなかった(店の名前は「味の王様」的な名前だったのに)。

客の入りが芳しくなかったのか、リニューアルオープンして名前をかえたのだが、名前に「四川」があったので、辛いものを期待してまた食べに行ったのだが、メニューの中身は前と一緒で、「四川料理」は全くなかった。

ここもリニューアル後、半年もたたないうちになくなった。

今思うと看板のデザインも他の中華料理屋に比べると微妙なデザインだった気がする。

看板が立派でも中身が伴わないと全然ダメだけど、とりあえず店の顔であるべき看板等には労力をかけた方が、成功する可能性が増えると思う。

やはり見た目の第一印象は大事ですね。

 

(2014年6月26日(木) 11:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

キャラ製作やゲームの企画経験あり!似顔絵からHPまで幅広く対応

NAOイラストデザインスクール
仲川尚秀 (Illustrator)

小俣・足利・福居・足利市・韮川・太田・木崎・佐野市

ブログ記事 ページ先頭へ