全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室東京 Illustratorの教室 スクールブログ Illustr...

Illustratorでなにができるの?

「なんとなくIllustratorがどんなソフトウェアかは分かるんだけれど、じゃぁ一体Illustratorでなにができるの??」
このような疑問をお持ちの方、たくさんいらっしゃると思います。

Illustratorでなにができるかという問いに単刀直入に答えるとすれば、私は、

「あなたが描きたい絵を描くことができます」

と答えます。

これまでのブログにIllustratorというソフトウェアの特徴である、扱えるデータ形式のお話や、パスなどの機能について書いてきました。
それらはあくまでIllustratorというソフトウェアの持つ機能や仕組みについてのお話であって、"Illustratorでできること"については触れていませんでしたね。


みなさんは、「絵の具と筆でなにができるの?」と誰かに質問するでしょうか。

絵の具と筆があれば、どんな絵でも描けます。
じゃぁ、どんな絵を描くのか。
その時にまず問題になるのは、道具ではありませんよね。


自分の中にある絵のイメージだったり、表現したいテーマだったり、コンセプトだったりするのではないでしょうか。
表現行為にとって、道具が目的になることは(現代美術やメディアアート、コンセプチュアルアート等を除いて)あまりありません。
道具は手段でしかないのです。


Illustratorでもこの考え方は同じです。

Illustratorは道具です。

その他のソフトウェアにも同様のことが言えますが、ソフトウェアは道具(ツール)であって、目的ではないのです。
目的は別のところにあるはずです。

もちろん、絵の具の種類、絵筆の種類、キャンパスの種類など道具が表現行為にとって重要な位置づけを持つことは大いにあります。

ただ、大切なのは、道具が上手く使えるようになることが素敵な作品を生み出す唯一の方法ではない、ということなんじゃないかと思います。



(とは言ったものの、、、)


もちろん、Illustratorは便利なんですよね。
それはそれはめちゃくちゃ便利な道具です。
使いこなせるようになれば、表現の可能性はとてつもない広がりを見せるでしょう。

描きたい絵があって、作りたいビジュアルがあるのであれば、
それらを効率的にかつ、より豊かに表現できる道具でもあるのです。

ならば、使いこなせたほうがおもしろいと思いませんか?


「Illustratorの教室」ではそんな便利な機能をお見せしながらレッスンを進めていきます。でもその前にIllustratorを通してなにを描こうとしているのかゆっくりとお聞きします!そしてそのヒアリングを元にみなさんが安心して受講していただけるようにレッスン内容を一緒に相談しながら組み立てていきます。

それでは体験レッスンのお申し込み、お待ちしております!

と、最後はまたしても営業になってしまいました。笑

ここまでご覧いただきありがとうございます!
次回は最近よく考えているテーマ「Illustratorとデザイン」について書いてみようと思っています。

それでは気長にお待ちください!笑


小西シュンヤ

 

(2014年6月17日(火) 11:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

10~70代の学生まで、美大で授業を担当。最初の一歩から、安心のレッスン

Illustratorの教室
小西シュンヤ (Illustrator)

東京・新橋・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・新宿・池袋・有楽町・吉祥寺・飯田橋・中野・阿佐...

ブログ記事 ページ先頭へ