全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室東京 アカネ・Illustratorスクール スクールブログ 装丁

装丁

みなさま、こんにちは。

GW気分もすっかり抜け、日常に戻りましたね〜!

私はこのところ、
児童書の装丁、電子書籍の表紙、DVDのジャケット制作に
勤しんでおりました。

今日は、児童書の装丁について、
その流れを少しお話ししたいと思います。

そもそも装丁って??? と思われるかもしれませんね。

装丁=本のデザインです。

個人的な意見ですが、本のデザインにおいて、
みなさまがまず目にされる “表紙” を作る事が
重要度においてはその80%を占めるのかもしれません。

残りのうちの10%が本文のレイアウト、
最後の10%が見返し、扉、目次、奥付、オビ…
う〜ん、10%ではまかなえきれてないかも…(笑)
どれもが大切すぎて、数字ではうまく表せないのかもしれません。

どの部分のデザインにおいても、
本の内容をそこに込め、雰囲気を作り出して、
読者がその世界で満たされるよう導いていく案内役みたいなものが
装丁のデザインです。

だから私は必ず、著者さんがお書きになった文章を
丁寧に読み込む事にしています。

あまり読まずに制作を進行するデザイナーさんもいらっしゃるとの事で
その方が客観的に作れるという考え方もあるようです。

ですが私の手がけるものが
読み物(小説などストーリー性があるもののこと)が多い事、
おまけに不器用な私の性格ゆえなのかもしれませんが、
でもじっくり読み込んで自分なりに理解した上で、
制作に取りかかる事が、仕事においての私の楽しみでもあるんだろうな〜
と思います。

本の装丁制作、とっても楽しいです!

次回ももう少しこの続きをお話ししたいと思います。

 

(2014年5月15日(木) 16:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

CDジャケットから児童書まで幅広くカバー。楽しくつくりたい人にオススメ

アカネ・Illustratorスクール
白水あかね (Illustrator)

飯田橋・新大塚・茗荷谷・後楽園・神楽坂・護国寺・江戸川橋・白山

ブログ記事 ページ先頭へ