全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室大阪 plusone スクールブログ 「使えるフォン...

「使えるフォント」のご紹介など

こんにちは田中です。
本日はチラシやデザインの製作現場でのフォントの選択について…個人的な見解も交えて少しお話したいと思います。

チラシや名刺、看板などのデザイン制作のご経験がある方なら皆さんが悩む事案。

「フォントって難しいですよね…。」

フォント一つで、デザインのイメージが変わる?
場合によってはその会社やお店、目的のイメージすら変えてしまいかねない…。
それがフォントなんですよね!

私自身もこのような仕事をしているとフォントについてはよく相談されます。

私の場合はクライアント様の業種や目的、またはオーナー様のキャラクタやーや趣味嗜好を考慮したフォント種を用います。

やはり、たくさんの人たちに共鳴してもらったり、情報を共有するのが一番の目的なので前者の「業種や目的に合わせたフォント」を最優先しますが、クライアント側のオーナー様や担当者さんのキャラクターが “濃い場合” や “コンセプト” が明確な場合は後者の「人に合わせたフォント種」などを選択する場合もあります。

■飲食店などは考えやすいので、簡単な【例】を出してみましょう。(※各以下のフォントはお手数ですがインターネットなどでお調べください。)

①日本和食店には「楷書体・行書体」などの毛筆風の字体をよく用います。
②中華料理店には「隷書体や魏碑体(ぎひたい)」などをよく用います。
③洋食店には「丸ゴシックや角ゴシック」などをよく用います。

※でも、そこにどうでしょう、手作りを強調したい料理がある場合、その料理だけ手書き風のフォントの「ポップ書体」や「ふい字」などを使ってみると、その部分がよく強調され、初見でも「この料理が手作りなんだな~」とか「おすすめかな~」の雰囲気が伝わるものです。

※通常の「ゴシック文字体」の羅列の中に「毛筆体」をひとつスポットで導入するだけで、そのお料理は「こだわりのイメージ」をもったり、「新鮮な食材(採りたてや産地直送)のイメージ」を連想したりと、メニューやチラシをみた閲覧者側がある程度のご都合のよい判断をして下さる場合が多いです。

デザインの鉄則として一枚のチラシの中にあまりにも複数のフォントを用いるのは基本NGとされていますが…私個人は強調する部分のメリハリをつけるために2~3種のフォントを用いる手法をよく使います。もちろん字体だけではなく文字の大きさの変化や色の変化で強調するのも手法の一つです。

このような現場で経験して得た私の知識や実績を、これからデザイン製作を必要とされる方たちへの助言になればと思います。なかなかブログの文章の中では書ききることができません。ケース・バイ・ケースの対応力が必要かと思います。

自分のお店や会社、イベントのチラシなどは自分で作りたい!
外部に依頼してデザインしてもらうと「何だか自分の個性が表現してもらえない!」このような方たちは自分自身の考えと言葉でデザインをするべきです。
私はそれらの考えに同感します!私自身もそうだったのでデザインの勉強(イラストレーターやWEBサイト制作)をしました。

私の場合はたくさんの教材購入でお金や時間のロスをしながら独学で勉強を続けてきましたが…今考えれば「ずいぶん遠回りしたな~」というのが正直なところです。これから私と一緒にレッスンをして頂ける方には「できるだけ近道」にて私の持っている知識を惜しみなくお教えできればと思います。


少し話はそれましたが…最後に私のお勧めのフリーフォント(無料・Windows用)を何種かご紹介したいと思いますので何かの参考にしてみてください。
※各フォントを配布しているページには広告用の紛らわしいバナーが何点かある場合があります。そこはクリックしないように注意しましょう。フォントダウンロード以外のバナーをクリックして起きた問題には当方では責任は負えませんので、あらかじめご了承ください。くれぐれもダウンロードはご慎重にお願いいたします。
尚、各種のフォントを使える範囲は各製作者によって条件が様々です。各製作者のライセンス事項(商用利用の可否)もよくご確認ください。


●ふい字他手書き風フォント(日文・無料)⇒http://hp.vector.co.jp/authors/VA039499/(商用利用OK)

●べぇたフォント(日文・無料)⇒http://www.loftwork.com/downloads/abbzac1006/archive/322100 (ダウンロードには簡単なコメントが必要)

●こどもゴシック(日文・無料)⇒http://typingart.net/(商用利用OK)

●モフ字(日文・無料)⇒http://www2s.biglobe.ne.jp/~fub/font/mofuji.html

●ロキコーラ(英文・無料)⇒http://fonts.simplythebest.net/fonts/loki_cola.html

●アロハフォント(イラストフォント)⇒http://www.alohafont.alohakumax.com/ (小規模な商用利用OK)

などです。まだまだお勧めやケース・バイ・ケースで使えるフォントはたくさんあるのですが…ここには書ききれません。体験レッスンでも構いませんのでお会いできる機会があればお教えしたいと思います。

【参考】フォントのインストール方法(windowsの場合)
①スタートメニュー⇒コントロールパネル⇒フォントを開く
②インストールしたいフォントのファイルを①で開いたフォルダの中にドラッグ
③自動的にインストールが開始されます

上記は一般的なインストール方法ですが、OSの種類や環境によっては少し異なる場合があるかと思います。各インストール方法についてはインターネットなどでお調べください。
参考URL⇒http://fontfree.me/win/ などがご参考になるかと思います。

「使えるフォント」のご紹介など

(2014年4月16日(水) 9:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

写真素材やWEBサイトにも精通。起業から得た実践的ノウハウを伝授します

plusone
田中義之 (Illustrator)

梅田/大阪・藤阪・津田・河内磐船・星田・東寝屋川・四条畷・野崎・住道・京橋・八幡市・...

ブログ記事 ページ先頭へ