サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室東京 Illustratorの教室 スクールブログ ベジェ曲線って...

ベジェ曲線ってなんだろう?

Illustratorを勉強していくと必ず出てくる言葉があります。
この言葉、聞いたことありませんか?

「ベジェ曲線」

べ、、ジェ、、、??

ってなりますよね。笑

いったいなんなんでしょう。少しだけお話したいと思います。

まずこのベジェ曲線のベジェ。
ベジェとは人名です。

フランスの自動車メーカー、シトロエン社のルノー社のピエール・ベジェ (Pierre Bézier) (*注:Wikipediaより)

という人が発案したんですね。
フランス人の名前だと思うとなんとなく頷けます。ベジェさん。

名前の由来はともかく、じゃぁ一体これはどんな曲線なの?
というお話を。

Illustratorでは「ペンツール」などのツールを使って絵を描くことができます。
その方法はアンカーポイントと呼ばれる点を打っていき、その点と点をつなげることで、
星座のように絵の輪郭を作っていく描き方が基本になります。
(この点と点を結ぶ線のことをIllustratorにおいては「パス」と呼びます。)

星座は直線のみで構成されますが、Illustratorでは曲線も扱えます。
直線と曲線を組み合わせることで、有機的なイラストも可能になりますし、あらゆる形状に対応できますよね。
この直線と曲線によって描画された「パス」がIllustratorにおける形の基礎になります。

ここで、登場するのがベジェ曲線です。

点と点を結ぶ直線は想像しやすいと思いますが、点と点を曲線で結ぶとなるとなかなかイメージがつかみにくいかもしれません。
Illustratorはベクターグラフィックスを扱うソフトウェアであるというお話は以前にブログでも書きました。
その時に、Illustratorにおける形は計算式によって表現されている、という趣旨の内容も書いたと思います。

1つの点からもう1つの点に線を伸ばす際に"あるメカニズム"によって曲線(カーブ)を導き出すのです。
その"あるメカニズム"がベジェさんによって開発されたベジェ曲線なんですよね。

(Illustratorを使うという範囲に限れば)このメカニズムを理解する必要はあまりありません。

このメカニズムを操る方法をマスターすればよいのです。

ベジェ曲線は「スムーズポイント」と「ハンドル」を使用して操作します。
(また新しい言葉がでてきてしまいましたね。「スムーズポイント」、「ハンドル」これらの単語はIllustratorにおいては基本になる言葉達です。)


なんとなく、ベジェ曲線がどんなもので、Illustratorにおいてどのようなポジションにあるキーワードなのか、ということが伝わったでしょうか。

ブログではなかなか説明が難しい概念です。
レッスンでは、実際にIllustratorを使いながらご説明させていただきます。
それでは体験レッスンのお申込み、お待ちしております!


小西シュンヤ

 

(2014年3月24日(月) 13:57)

前の記事

次の記事

新着記事

こんにちは! 4月より大学などでの講義がスタートしました。 そのため、サイタでのレッスン時間が限られています。 レッスン可能日時の詳細はレッスン時間を確認していただければと思いますが、 現在レッスン予約がとても難しい状況が続いています。 大変ありがたいことなのですが、予約しづ...

こんにちは! レッスン予約に関して、コーチのスケジュールについてのお知らせです。 個人レッスンだとどうしても面倒になるのが、コーチとのスケジュール調整ですね。 何度もやりとりをしているうちに、お互いさらに調整が難しくなったり。 逆に言えば、コーチと都合さえつけばいつでもレッスン...

こんにちは! あっというまに2018年も2ヶ月が過ぎようとしていますね。 私は最近引越しまして、その片付けで毎日段ボールと格闘しております。 荷物が多い性分&捨てられない性分なので大変なことになっております(笑)。 さて2月と3月は大幅にレッスン可能時間を増やします! 基...

こんにちは! 本日、年内最後のレッスンを終えました。 2017年はIllustratorの教室、Photoshopの教室、2つの教室を合わせて約550回のレッスンを実施しました。 多い??少ない??笑 平均すると1ヶ月に46回ほどです。1日に1.5回くらいということにもなります...

Illustrator最大の特徴であり、最もIllustratorらしいツールといえばこのペンツールだと私は思っています。 なので前のブログでは「主役」とまで言ってますね。笑 でもほんとにそう思っているんです。 ただ、ペンツールの使い方を文章で伝えるのは非常に難しい。 少しでも...

ブログ記事 ページ先頭へ