全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室神奈川 ゲンさんのイラレ講座 スクールブログ 五感について ...

五感について その2:聴覚

今回は、「音」について…書いてみたいと思います。
前回の「匂い」もそうだけど、五感(臭覚、聴覚、触覚、味覚、視覚)は人それぞれ、好みが分かれますよね。今回の「音」つまり音楽は、特にその傾向が強いように思われます。

私の場合は、田舎で育った関係?か、はたまた時代のせいだったか?幼少期は、音楽に対しては無縁な環境で育ったのでした。そんな音に対しては無菌状態?で高校にあがり、1年生の終わり頃に友達に誘われて行ったジャズのコンサートで、私のジャズ好きが決められてしまったのです!!

その時のコンサートは「アート・ブレイキー & ジャズ・メッセンジャーズ」というグループのもので、特にその中で演奏した『モーニン』という曲は、今でも愛聴曲で(実はほんの6時間前も…)時々聴いています。この曲を聴くと高校1年の頃を思い出します。そしてこの曲は、あまり元気が出ない日の朝に聴くと、がぜん力が湧いてくるのです。(この曲の入ったお薦めのアルバムは、そのデザインも良いので左下に紹介しておきます)

……それで、今、音楽とMac(コンピュータ)をどう繋げようかと考えているところです…が、皆さん「ハービー・ハンコック」というジャズピアニストをご存知でしょうか?この人、大学で電子工学を専攻した(私は高校で学びましたが…)経歴があり、早い時期にジャズにエレクトリック(コンピュータ)音楽を取り入れたのでした。その頃の音楽雑誌にはAppleⅡ(Appleが発売したMacintosh以前のコンピュータ)を前にたハンコックの写真が載っていました。1970年台初頭に発売された『ヘッド・ハンターズ』(写真右下)はその当時の代表作です。一曲目の「カメレオン」からして、そのファンクなリズム…踊りたくなってしまいます。デザインもポップでロック、ソウル、ファンク好きな人がジャズに近づきたいなら、このアルバムにかぎります!!


※上記はMacスクールへの投稿内容ですが、イラストレータースクールにも参考になりますので、転載いたします。

五感について その2:聴覚五感について その2:聴覚

(2014年3月20日(木) 19:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

デザイナー歴36年。イタリア留学も。名刺~Web用の画像までツボを伝授

ゲンさんのイラレ講座
原辰弥 (Illustrator)

横浜・桜木町・戸部・天王町・新高島・みなとみらい

ブログ記事 ページ先頭へ