全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室神奈川 ゲンさんのイラレ講座 スクールブログ グラフィックソ...

グラフィックソフトの鉄則 その2:印刷のルールと信念の関係って…?!

前回の“その1”では、しょっぱなからAdobeソフトの特性である『レイヤー』について書いてしまったのですが、実はその後に後悔してしまったのです。何故かと言うと、その前に知っておかなくてはならない(本当に、本当に…)重要な事があるのに気付いたからです。

運良く?当スクールに関心を持たれ、“Illustrator”や“Photoshop”などを使ってみたいと思っている方の多くは、仕事で必要になった…とかチラシを作りたい…とか、最終形態が『印刷物』だと思います。

その時、最終的に作りあげるデータ(印刷用データ)は、印刷特有のルールに沿って作成されている必要があり、もしこれに反して作ると出力トラブルなどが起こり、時間や費用が余計にかかることになるかも知れないのです。

それで、当スクールでの体験レッスン時には、必ず“知っておきたい基礎知識”として、『印刷のルール』をいくつかお話させて頂いています。

“カラーモード”とか“解像度”といった初めて接する人にとっては、聞きなれない言葉で気後れしてしまいそうなのですが、レッスン時には分かりやすくご説明しています!?

必要となれば、その都度何回でも繰り返し説明しようと思っています。嫌がらずに付いてきていただきたいと思っています。急がば廻れです!!これが私の信念なのです。

 

(2014年3月4日(火) 21:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

デザイナー歴36年。イタリア留学も。名刺~Web用の画像までツボを伝授

ゲンさんのイラレ講座
原辰弥 (Illustrator)

横浜・桜木町・戸部・天王町・新高島・みなとみらい

ブログ記事 ページ先頭へ