全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室大阪 MKデザインラボ スクールブログ ポンピドゥーセ...

ポンピドゥーセンターコレクション展

2014年が明けて、長らくほったらかしていたCytaブログを書いてみようかと思います。

キャンペーンのおかげで「体験レッスン」がグ〜〜〜〜〜ンと増えました。
あ、生徒さんも増えました。

やっぱり一年の計は元旦にありですね。
みなさん何か始めるには良い時期のようです。

で、
タイトルの「ポンピドゥーセンターコレクション展」を観に兵庫県立美術館に行ってきました。

かの安藤忠雄作の美術館です。

元々建築が好きなので、この美術館にはよく行きます。

今回はフランスはパリの四区にある国立美術館の「ポンピドゥーセンター」の最新収蔵コレクションの展覧会。

建築好きの私としてはこの「ポンピドゥーセンター」も大好きで、今回待ちに待っていた美術展です。

設計は関空の設計でも有名なレンゾ・ピアノ。1977年に開館したのですが、その建築は重さを支える柱などの構造や、建物の共用部分である電気・水道・空調などの配管、階段・エスカレーターも外部にむき出しにさせている。内部は柱やパイプスペースなどがなくなった分、広々とした空間が広がり、様々な展覧会に対応できるフレキシブルな可動壁を備えていた。
当時は「パリの街並みにそぐわない」とパリジェンヌからは非難囂々だったそうです。
ただ、僕はめちゃくちゃ好きでした。

そして、その最新収蔵の展示物もさすがの現代美術!

光、陰、香りまでも…。

ネタバレになるので、内容はここまで。

みなさん是非いってみてください。

ポンピドゥーセンターコレクション展

(2014年1月23日(木) 20:33)

前の記事

この記事を書いたコーチ

実務26年・講師歴10年のアートディレクター。広告・カタログ等で活躍中

MKデザインラボ
小林正樹 (Illustrator)

梅田/大阪・三ノ宮・朝霧・淀屋橋・四ツ橋・西舞子

ブログ記事 ページ先頭へ