全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室東京 Illustratorの教室 スクールブログ Illustr...

Illustratorってなんだろう?

Illustratorってなんだろう?

こんにちは。ブログをご覧いただきありがとうございます。
Cytaコーチの小西シュンヤです。

今日はIllustrator(イラストレーター)ってなんだろう?というテーマで記事を書いてみようかなと思います。

よくイラレなどと略されて呼ばれているこのIllustratorというもの。
なんなんでしょうね。

ちょっとググってみましょう!笑

"Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター)は、アドビシステムズが販売するベクターイメージ編集ソフトウェア(ドローソフト)である。(Wikioedia)"

とのことです。

・・・ベクターイメージ・・・?
・・・ドローソフト・・・?

ちょっとまだこれだけだとなんのことかわかりにくいですよね。
1つずつ見ていきましょう!


ベクターイメージという言葉があります。

パソコン内でいわゆる画像(絵・イメージ)を扱う時の方法が大きく分けて2種類あるんです。
一つがビットマップイメージという画像形式。
そしてもうひとつがこのベクターイメージという画像形式なんです。

どちらかと言えばビットマップイメージのほうが想像しやすいと思います。
いわゆるピクセルというドットの集合によって画像イメージを形作る方法ですね。
「解像度」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。それです。


ビットマップイメージは解像度の設定によって画像のなめらかさ、綺麗さが異なります。
解像度とはこのピクセルと呼ばれるドットの密度なんですね。
その密度が高ければ高いほど、網目が細かくなり、画像が綺麗になっていくという現象は想像しやすいと思います。
反対に密度=解像度が低くなれば、どんどん画像が荒くなっていきます。
解像度の低いギザギザとした画像を見たことがある人も多いのではないでしょうか。


そしてもう一つの画像イメージ、ベクターイメージです。
ここで、"ベクトル"という言葉を想像してみてください。

図形処理において、このベクトルという言葉は「方向と距離」といった意味を持ちます。
ベクターイメージは直線や曲線を座標によって描いていく描画方法のことなんです。
それをベクターグラフィックスやベクターイメージと呼びます。
つまり、ある図形を「ここからここまで、直線を引いて、ここからここまでは曲線を引く、その中はこの色で塗りつぶしてね」といった"命令"を全て"数値計算"で表す方法なんです。

この表現形式はドロー形式、ドローグラフィックとも呼ばれることがあります。
そして、この形式の画像データを扱えるアプリケーションソフトのことを"ドローソフト"と呼ぶんですよね。


ちょっと話が複雑になってきてしまいましたが、ビットマップイメージとベクターイメージの間には決定的な違いがあります。
そのお話だけして今回は終わりにしようと思います。さぁ、それはなんでしょうか。


答えは"大きさ(サイズ)を持っているかいないか"なんです。

ちょっとわかりにくいですが、ビットマップイメージはピクセルというドットの大きさが基準となり、そのサイズが決定します。

例えば解像度72dpiで幅720ピクセルであれば、1inchの中に72個ピクセルが存在するピクセルの大きさで、横に720個そのピクセル(ドット)が並ぶということになるんです。
なので、この画像の大きさは10inchですよね。このように、ビットマップイメージは常に画像イメージが絶対的な大きさを保有した状態で編集される画像形式なんです。
だから、近寄るとピクセルが大きくなってカクカクした輪郭線が見えてきますよね。

これに対して、ベクターイメージはどうでしょうか。
先ほどお話したようにベクターイメージは画像を座標計算によって数値として画面に表示しています。
つまり、画像を編集している段階では画像に大きさはないんですよね。
そこには計算式があるだけなんです。
だからといってファイルデータがめちゃくちゃ軽くなるいう単純な話でもないのですが、ベクターイメージはどこまで拡大してもずーっとなめらかな輪郭線のままです。

それでも、もちろん作成した画像イメージをプリントアウトする時には大きさが決定されますよね。
それはプリンターが表現できる"出力解像度"に依存します。


Illustratorの話をするときによく一緒に話題に出てくるPhotoshop(フォトショップ)というアプリケーションソフトの名前を聞いたことがあるかと思います。
このPhotoshopはベクターイメージの話をするときに必ず対比されるビットマップイメージを扱うソフトなんですよね。


はい。

つまり、Illustratorはこの"ベクターイメージを編集することができるドローソフト"というわけなんですね。
ここまで、ベクターイメージについて長々とお話してきました。
疲れましたね。。笑


では、具体的にIllustratorではなにができるの?
どうやって操作するの?

このベクターイメージはベジェ曲線と呼ばれる描画方法によって作成することができます。
ペンツールを使いますね。そしてこのベジェ曲線はパスとも呼ばれます。

ベジェ曲線って?パスって?ペンツールって???という部分について次回のブログで書けたらいいなと思います。
もちろん、Illustratorの教室 小西クラスのレッスンに来ていただけたらすぐにお話させていただきますよ!笑


それでは次回、「ベジェ曲線ってなんだろう?」にご期待ください!

 

(2013年11月12日(火) 22:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

10~70代の学生まで、美大で授業を担当。最初の一歩から、安心のレッスン

Illustratorの教室
小西シュンヤ (Illustrator)

東京・新橋・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・新宿・池袋・有楽町・吉祥寺・飯田橋・中野・阿佐...

ブログ記事 ページ先頭へ