全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室東京 Illustratorスクールおおたき スクールブログ レイヤーって?

レイヤーって?

こんにちは!

今日はレイヤーについてお話します^^

学生時代に私を苦しめたレイヤー……。
理解してしまえばなんてことない、とても便利なツールです!


レイヤーとは、積み重なっている状態、層を意味します。
重ね着のこともレイヤーって言いますよね^^
illustratorのレイヤーも、その名の通り「積み重ねる」をするものです。

illustratorで描かれたイラストや図形をオブジェクトと呼ぶのですが、
そのオブジェクトを重ね合わせて1つの作品を作り出します。
レイヤーはそのオブジェクト達を管理する所なんです。

さて、画像を見てみて下さい。
猫を描いてみました。
レイヤーは下から「顔」「模様」「パーツ」と3つに分かれていますね。
それぞれのレイヤーの中には、レイヤー名と同じオブジェクトが入っています。

一番最初にillustratorを開いた状態では、「レイヤー1」となっています。
これを、必要な分だけレイヤーを増やしていくのですが


なぜ増やすのか?
ここがポイント!


例えば、「パーツ」だけを選択したり加工したい時に「顔」と「模様」に
鍵をかけて(ロックといいます)おけば、「顔」と「模様」には何の影響も
与えずに作業ができるのです。
いつの間にか選択されてて模様がズレてた!とか顔の色まで変わっちゃった!
な〜んてことを防げるというわけです。

この画像は簡単なイラストなのでレイヤーが1つでも
実はそんなに大変ではないんです。(慣れないうちは分けた方が楽ですが…)
もっとオブジェクトが沢山あって複雑な作品を作る時に本領を発揮します!


レッスンでは私が用意した複雑な作品を用いて、実際に体験していただこうと
思っています^^

レイヤーって?レイヤーって?

(2013年10月16日(水) 16:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

デザイン事務所を経てフリーランスで活動中。ゼロから和やかにレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ