サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室東京 ハンダリョウDesign教室 スクールブログ 縞模様

縞模様

仕事で数ヶ月間スウェーデンに行っていた友人からお土産にキッチングッズをいただいた。単純な縞模様なのだが、なんとなく「北欧っぽさ」を感じるのは私だけだろうか。外国人が書くアルファベットは、日本人からみると独特のクセがあるように見えるが、今回の縞もそれと似たような印象である。

日本にも古来から色々な縞模様があり、それぞれに名前も付いている。親子縞、子持ち縞、鰹縞、よろけ縞、などなど。この縞はさしずめよろけ縞といったところだろうか。でも日本のよろけ縞とはちょっと違う。やはり海外の縞なのだ。

デザインの世界では、1mmという大きさは、むしろ「大きい」と言われている。0.8mmの大きさの黒丸を、0.7mmに変更する。文字間をコンマミリ単位で調整する。それが全体の印象を大きく変える。人の感覚は、けっこう鋭い。

この縞模様も、ほんの少し何かが変わるだけで受ける印象ががらりと変わるだろう。10人が縞を描けば、それぞれが全く違う縞を描くでしょう。表現は無限大、そう考えるとちょっとワクワクします。

縞模様

(2013年10月3日(木) 12:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

美大で講義も担当。日常のちょっとしたアイディアから形にするお手伝い

新着記事

<b>「デザインって、お料理と同じなのよ」</b> 大学時代の恩師がよく言っていたことです。 「自分一人で食べるご飯」はともかくとして、 知り合いを呼んで、ちょっと頑張ってお料理するときに、 1.メニューを考える 2.お買い物をする 3.時間配分を考えながら調理 4.味見...

今月から、とあるカルチャーセンターで水彩画の小品の講座を持っています。 受講者は、絵を描くのははじめて、という、私より年上の方ばかり。 そんなおばさま方に囲まれて、絵の具のとき方やら、絵筆の使い方、構図の取り方などなど、全くの初歩からお話ししています。 最初は、「先生、この部分は...

上野の東京国立博物館にて、「京都 洛中洛外図と障壁画の美」を見に行ってきました。メディアでもさかんにクローズアップされているので、ご存知の方もいらっしゃるのではないかと思います。展示換えがあるので一度に全部はムリですが、国宝重文あわせて7点すべてを見比べることができる機会はめったに無いのではな...

2,3年前、食事の席で友人が連れてきた初対面の女の子(30代前半かな?)に、美術大学で教えている、と言ったところ、「美術の成績って、どうやって付けるんですか?先生の好き嫌いで付けてるんじゃないですか?」と返された。おっと、いきなり核心をつく話である。色々話したいこともあったのだが、その日はその...

仕事で数ヶ月間スウェーデンに行っていた友人からお土産にキッチングッズをいただいた。単純な縞模様なのだが、なんとなく「北欧っぽさ」を感じるのは私だけだろうか。外国人が書くアルファベットは、日本人からみると独特のクセがあるように見えるが、今回の縞もそれと似たような印象である。 日本にも古来か...

ブログ記事 ページ先頭へ