全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室神奈川 ゲンさんのイラレ講座 スクールブログ 夏の話題その弐

夏の話題その弐

夏が終わらないうちに…その二!!

俗に『ジャケ買い』という言葉がありますが、そういう経験はありますか?音楽も聴かず、ジャケットデザインが気に入って、ついつい買ってしまった…というあれです!

さて、時は1971年の夏、箱根の山奥で『和製ウッドストック』といわれたロックフェスティバルが開かれ、高校の2年生だった私は友達二人とこのフェスの目玉であるプログレのバンドである“ピンクフロイド”を聴きに行ったのでした。

この“ピンクフロイド”というバンド、メンバー全員が美術系スクールのクラスメートだったとか!だからという訳ではないだろうけど、レコードジャケットも素晴らしいものが多いのです。もちろん、幻想的な素晴らしいその音楽もお勧めなのですが…。

そのデザインを担当したのは『ヒプノシス』というデザイン集団。有名なのは『牛のジャケット』。あっ!それから『プリズムのジャケット』も…。(下に写真を載せておきます)

CD(特にLP)は、音楽とジャケットの複合芸術だと言われています。私も、そのジャケットに惹かれて買った思い出のLPが何枚もあります。

皆さんには、そんな思い出のCDはありますか?

※上記はフォトショップスクールへの投稿内容ですが、イラストレータースクールにも参考になりますので、転載いたします。

夏の話題その弐夏の話題その弐

(2013年8月28日(水) 22:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

デザイナー歴36年。イタリア留学も。名刺~Web用の画像までツボを伝授

ゲンさんのイラレ講座
原辰弥 (Illustrator)

横浜・桜木町・戸部・天王町・新高島・みなとみらい

ブログ記事 ページ先頭へ