全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室神奈川 カオリデザインスクール スクールブログ 夏の色

夏の色

突然ですが、夏ですね〜!

夏といえば、みなさん何を思い浮かべますか?
青い空、白い雲、真っ赤な太陽、たわわに実ったオレンジやマンゴー、美しく咲き誇る黄色いヒマワリ…などなどでしょうか。

さて、デザインをするうえで考えることのひとつとして「配色」があります。

色にはそれぞれ「その色が人に与えるイメージ」というものがあり、同じ国や地域など近い環境に生きる人々に、ある程度の共通の雰囲気を感じさせる記号的役割があります。

今回は、タイトルの「夏の色」つまり、夏っぽい雰囲気のデザインを作りたい時に使うと効果的な色をご紹介します。

…が、みなさん、もうお分かりですね!
冒頭に挙げた「夏のイメージ」ここからそのまま取ればOKなんです!

・青
・白
・赤
・オレンジ
・黄色

これらをうまく組み合わせて配色を行うことで、夏っぽい配色を行えます。

なかでも、青と黄色という組み合わせは「補色」と呼ばれるお互いを引き立たせる関係の色で、この2色はコンビとしてよく使われています。

街中の看板など、けっこうこの組み合わせが多いので、今度探してみてください!

例えば、Tのつく、超有名レンタルDVD屋さんとか…あなたのお財布の中にカードがあるかも!?

「Illustratorの使い方は覚えてきて、レイアウトもできるようになってきたが、色の決め方が分からない」というお悩みをよく聞きます。
かく言う私もそうでした。

私のレッスンでは、アプリケーションの操作方法に留まらない様々な角度からのアプローチで、みなさんのデザイン力向上のお手伝いをしていきたいと思っています(^o^)

こういうお話も、レッスン内に盛り込んでご紹介していきたいと思います!

まだまだ色の世界についてのお話をしていたいのですが…今日はここまで!

夏の色

(2013年8月5日(月) 4:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

雑誌表紙デザイン~Webディレクションまで実績豊富。着実な上達をサポート

カオリデザインスクール
森脇香織 (Illustrator)

渋谷・長津田・町田・たまプラーザ

ブログ記事 ページ先頭へ