サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室福岡 Illustrator 初歩&お仕事 スクールブログ iPhoneの...

iPhoneのアイコンのデザインが変わります

みなさんがお使いになっているスマートフォン。
HOMEの状態からさまざまな機能をもったアプリを立ち上げるときに押すのが“アイコン”ですよね。
画面では、ちょうど指先でポン!と押しやすいサイズの角の取れた正方形にデザインされています。
そしてよく見ると、液晶画面という平面でありながらも“ここは押す場所です!”と直感的にわかるようにぷっくりと立体的に見えるデザインになっていることが多くないですか?

お手元のスマホの画面をよーく見てみてくださいね。
グラデーションなどを駆使して、透明の樹脂でふっくら仕上げたように光の反射などが緻密にデザインされています。
これは専門的にいうと「メタファー」(〜に見たてる)と言って、平面上で本物のボタンのように見たてたデザインを採用しているんです。
そう、説明書がなくても、直感的に操作ができるように。

さて、先日、アップルが発表した内容の中に、このアイコンのデザインなど大きく変わるというニュースがあり、デザイン系の情報サイトなどで配信されました。

簡単にいうと、これまでの立体に見せる表現はちょっと薄味になり、もうすこしさりげないデザインになるようです。
これだけスマホが普及した今、新しいアプローチが始まるんですね。

デザインに関心のあるみなさんは、ぜひ、新旧のアイコンのデザインを見比べて、個人的にはどっちが使いやすいとかわかりやすいとか意見を持ってきてください。

そして、私にも聞かせてくださいね。

iPhoneのアイコンのデザインが変わります

(2013年6月18日(火) 10:15)

前の記事

この記事を書いたコーチ

デザインの専門学校など、これまで110名超を指導。用語もシンプルに解説

Illustrator 初歩&お仕事
ヤマギシヨシノブ (Illustrator)

博多・天神/西鉄福岡・大橋・中洲川端

ブログ記事 ページ先頭へ