全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室福岡 Illustrator 初歩&お仕事 スクールブログ 色彩感覚はスト...

色彩感覚はストレッチ運動!

デザインの習得と言っても幅広く… 絵を描くセンス磨きに、全体の構成を整える技量だったり、Illustratorのようなツールの操作習得にといろいろですね。
なかでも、色彩感覚に苦手意識を持つ方も多いようです。

専門学校の学生は別として、私の生徒さんはアラサーやアラフォーの方が多く、その方々にお伝えしていることがあって、それは“色彩感覚を磨くのはストレッチ運動”みたいなものですよ、ってこと。

その意味は、若い人は自由な感性で色選びができるんですが、私たちにようにすっかり大人になってしまうと、自身の好きな色・似合う色などが決まってしまい、なかなか冒険ができなくなるんです。

よく、社会人向けのデザイン講座などでやっていただくのは、「いろんな色を使ってみましょう」という課題。
自分のためじゃなくて、誰か人のために色を選ぶ演習。
そう、お子さんを持つお母さん以外、なかなか他人のために色を選ばないんですよね。
加えて、日本人は肌の色も髪の色もあまり個性がないので、洋服を選ぶ時も特に決まったセオリーもない。
(アパレルや美容業界の方は別ですよ)

手元にあるいつもの色じゃなくて日頃選ばない遠くにある色に手を伸ばしてチョイスする感覚。そう、ストレッチ運動みたいでしょ。
最初は身体が固くてなかなか手が届かない色も、繰り返すうちにだんだん届くようになる。

もしも、デザインを仕事にしたら、依頼者(=クライアントさん)のお店や事業に合う色を選んであげなければいけません。
いつもいつも自分の好きな色ばかりでデザインしてるとすぐにネタ切れになってしまいます。

みなさんも、日頃使わない色を積極的に使い、身体も心も柔軟になってみませんか。

 

(2013年2月16日(土) 9:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

デザインの専門学校など、これまで110名超を指導。用語もシンプルに解説

Illustrator 初歩&お仕事
ヤマギシヨシノブ (Illustrator)

博多・天神/西鉄福岡・大橋・中洲川端

ブログ記事 ページ先頭へ