全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室東京 ブルースカイ・デザインスクール スクールブログ デザインのこつ...

デザインのこつ その1

こんにちは♪
今年は9月に入っても残暑が厳しいですね。
私の周りでは風邪でダウンしてしまった人が続出しておりますが、みなさんは大丈夫ですか?

さて、今日はデザインやイラストを作るときのこつについて考えてみます。

最近はすっかりデジタル化されて、制作物もデータで収めるのが普通ですが、私はやっぱり最初は手書きで、紙に鉛筆でスケッチを描いてから作業を始めるのが、じつはデザインのこつなんじゃ
ないかと思います。

この時一番大切なのは、HB以上の柔らかい鉛筆を使ってください。できれば2Bとか4Bが良いです。
「えーっ、そこですか?」という声が聞こえて来そうですが、そこなんですよ。あまり力を入れないでも書けるというところがポイントです。

そしてスケッチは小さめに描いてください。
サムネイルという言葉を聞いたことがありますでしょうか?
一番最初のアイデアスケッチのことを指しますが、これは親指の爪という意味で、そのぐらい小さいという意味です。
実際にはさすがに親指の爪よりは大きめになると思いますが(笑。

消しゴムはなくても良いです。描いてみたらやっぱりあんまり良くないかもと思ったら、ボツ案には×をして、どんどん次に行きましょう。

そうやってアイデアを固めてから、作業は作業で集中するのが良いと思います!

だまされたと思って、柔らかい鉛筆に変えてみてください。
ちなみに描き慣れていればシャーペンでもオッケーです!

 

(2012年9月17日(月) 15:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

武蔵野美大卒、実務26年!デパートや化粧品広告も手がける先生がサポート

ブログ記事 ページ先頭へ