サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室東京 トシ・デザイン・スクール スクールブログ 解像度のおはな...

解像度のおはなし

基本的にIllustratorのソフトだけでイラストやデザインをしている時は、解像度を意識しなくても大丈夫です。

しかし、Illustratorのソフトにデジカメの写真を取り込んだり、Photoshopで加工した画像を貼付けたりする場合に注意が必要です。

デジカメで撮った写真やPhotoshopなどで創った画像(いわゆるビットマップ画像)を扱うときに解像度の知識が必要になってきます。

プリントも自分のプリンターで印刷するのか、印刷の業者に頼んで印刷するかでデータの作り方が違ってきます。

あまり難しい知識はいらないのですが、覚えておきたいポイントなどはいくつかありますので、レッスンなどではそういう所もお話していきたいと思います。

 

(2012年5月14日(月) 13:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

実務経験30年以上。ソフトの扱いではデザイナー仲間からも頼られる存在

新着記事

初期のIllustratorに比べるとCCのバージョンになって便利なツールが格段と増えました。 今まで、一手間も二手間もかかっていた事が一発でできるものもあります。 勿論、従来通りの操作方法でもできるので昔のやり方を知っていればどんなバージョンにも対応出来ます。 その中の一つを紹介し...

基本的にIllustratorのソフトだけでイラストやデザインをしている時は、解像度を意識しなくても大丈夫です。 しかし、Illustratorのソフトにデジカメの写真を取り込んだり、Photoshopで加工した画像を貼付けたりする場合に注意が必要です。 デジカメで撮った写真やPh...

最近ではインターネットで自分のオリジナルのTシャツが1枚から作れる時代になりました。 昔はシルク印刷で最低100枚~とか、なかなか個人ではオリジナルのTシャツを作るには高い壁がありました。でも今ではインクジェットプリントで布に印刷出来るため一枚から注文できるサイトもあります。 質的...

この度、グラフィックデザイン講座を開校することになりました松本です。(^O^)/ これから、いろいろな方と巡り会えるのを楽しみにしております。 よろしくお願いします。m(__)m

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Illustratorレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ