全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室神奈川 noah・デザインスクール スクールブログ どうでもいい事...

どうでもいい事こそデザインのこ舞台!

以前、実用書の装丁をやった事がありました。
その時、勉強の為に様々な本の装丁を見ました。
よくみると、実用書というのは内容が大切で、
あまりデザインなど気にし無いですよね。
先生に勧められて買ったり、スクールで購入したり、
もちろんデザインなど気にもかけていないような本も沢山ありました。
でもその中でも良い本は実に美しい!
雑誌やグラフィックは派手でデザインせいも高くスピード感もあります。
でも実用書や文学などは一度装丁されると変更されまで時間がかかる。
だから出版側も良くわかっていて冒険的なデザインを求めていない。
デザイナー側としては、取り組み辛い分野です。
ところが、その世界でデザイナーとして活躍する方々がいます。
そんなデザイナーの方々が見せる世界はむしろ普遍性に近いて芸術に手をかけてさえいるようです。
そんな本を手にすると、実用書でさえワクワクしてきます。
そして、彼等が観ているのは本当にフォントの細部だったり、
文字組の細部だったり…。

大きな変更を加えずにでも一味も二味も違う。
ずっと本棚に置いて置きたい一冊にしてしまう。

それはみんながどっちでも良いと思っている様なところで
成り立っているようです。
デザインってきっとそいう事かもしれません。

 

(2012年4月4日(水) 13:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

DTPオペレターとして企業勤務経験、新人研修も。名刺~リーフレットまで

ブログ記事 ページ先頭へ