全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室東京 北村デザインスクール スクールブログ ちょっとしたや...

ちょっとしたやり方

こんにちは。

今日はちょっとした技法を紹介します。

僕はデザインを考える時クロッキー帳でラフスケッチをします。

その時には『赤のシャーペン』を使います。

なぜ赤のシャーペンかというと赤線はPhotoshopの作業の時に割と簡単に飛ばせる(消せる)からです。

これは非常に楽なのです。

①下描きの線を消すのが楽。
②下絵に直接本線が入れられる。
③トレッシングペーパーなどを重ねて描くという手間が入らなくてすむ。

というメリットがあります。

下描きの線をPC上で消したりするのって結構メンドクサイんですよね。
消しゴムツールやホワイトの塗りで一個ずつつぶしていかなきゃならないですからね。
それがなくなるもしくは軽減されるのはかなり楽チンです。

理屈が分かる方でこの方法を知らなかった方は是非お試し下さい。
そして理屈が分からないとういう方は実際にレッスンでお伝えします。

実際僕もこの技法は色々なイラストレーターさんやデザイナーさんに教えてもらったものです。
非常に便利なやり方だと思って今ではほとんどこのやり方でやってます。

こういうソフトのツールの使い方以外の技術や技法って実際にやってる人から聞かないと得られない事ですよね。

僕のスクールでもこういう付属的なやり方は知ってる事であればどんどん伝えていこうと思ってます^^

添付は今日描いたラフスケッチです!
ご参考までに^^

ちょっとしたやり方

(2012年3月1日(木) 11:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

広告・雑貨・アパレル業界を経て、フリーランスで活躍中の現役デザイナー

北村デザインスクール
北村尚登 (Illustrator)

松井山手・京橋・樟葉・枚方市

ブログ記事 ページ先頭へ