全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室埼玉 @プロダクション スクールブログ 万能写植機

万能写植機

万能写植機という物自体を、知っている方は、もうそんなにいないじゃないかと思いますが、ネットで検索すると画像があります。

ドでかく重たい、1機が相当高価で…おそろくその当時でも、新車が1台買えたんじゃないかな?

20代半ばで印刷業務に携わるようになって、最初、輪転機から初めて次に写植機、電算写植機、DTPと目まぐるしく環境が変化。

当時は専門スクールや教えてくれる人も少なく、自分で覚える以外に方法がなく先輩に聞いたり同僚達に聞いたりと四苦八苦して覚えたのを今も覚えています。

おそらく今の50代の、現場叩き上げのオペレーターは全員が、その過渡期を経験してきた猛者達、環境の変化に順応しないと生き残れないそんな世界。

それから機械は日進月歩、パソコン化していくのですが、最近では高度なものが、誰でも比較的簡単にできる時代になってきてます。

が、しかし
所詮ばかとはさみは使いようよう。

同じ道具を目の前にしても使えるかどうかは、旧型であろうと新しいパソコンであろうと、それは変わりはしません。
実際に使っている人の能力に左右されるのは言うまでもありません。

イラストレーターを使いこなすこととは別にセンスを磨くということを要求され、更に芸術性の高い世界になってきたことがむかしとは一番違ってきたところかもしれません。

DTPを始めるにあたり心得たいのは、何が描きたいのか創りたいのかを頭の中にまず明確にイメージすることが大切で、そこに行き着けるかどうかは日々、色や形状、画像や文字といった
物にいつも敏感であり続ける必要があります。


 

(2011年11月8日(火) 14:24)

次の記事

この記事を書いたコーチ

業界歴25年!MacにもWindowsにも対応。ステッカー・チラシ~大看板まで

@プロダクション
東洋一 (Illustrator)

北朝霞・南浦和・和光市・志木・みずほ台

ブログ記事 ページ先頭へ