全国5万人が受講している「サイタ」

Illustrator講座/イラストレータースクール

Illustrator講座/イラストレータースクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールIllustrator教室東京 マエシロデザインキャンパス スクールブログ ツールとしての...

ツールとしてのIllustrator

今日からブログをはじめます。

マエシロデザインキャンパスの真栄城です。
突然ですが僕にはたくさん趣味があります。

サッカー
キックボクシング
中国語
英語
ドイツ語
建築設計
家具作り
ミシン
etc..

サッカーは高校生の頃全国大会を夢見て頑張っていました。
キックボクシングは大学生の頃、プロの試合にも出たりして、今でも時々セコンドに着いたりします。
中国語は大学院で3年間上海に住んでいた頃の事
英語、ドイツ語は17才でドイツに留学した時に使えるようになりました。
建築設計、家具づくりなんかは今の仕事で空間プロデュースもしているのでセミプロですね

ミシンは子供の頃から好きで、中学校から自分でいろいろ作っていました。
最近また、ミシンを動かす機会に恵まれたことで自分の創作意欲に火がついて、
自分のカバンを作りました。


大きなサイズの帆布のトートバッグです。
中に長いベルトが入っていて斜めがけも出来るようになっています。

デザインの仕事と言う職業柄A3の資料を良く作ります。
グラフィックのお仕事も、企画書のお仕事も大きい紙のほうがインパクトがありますからね。
僕は職場に自転車で通っているのですが、
A3の資料を曲げずに持てて、なおかつ背負えるカバンっていうと、、なかなか見つからないんですよ。
自分で作れば何の事はないデザインも大きさも好きにできるのでいいですね。
もちろん製品として作られているものには劣りますが、それも作っているときの楽しさを加味すれば、
プラスマイナス=プラスになります。

実はミシンものを作るときも僕はイラストレーターを使います。
簡単に言うとイラストレーターでカバンを作るための設計図を作るわけです。
イラストレーターというとグラフィックデザインのソフトと言うイメージがありますが、
直線•曲線を性格に描けると言う意味ではCAD(設計用ソフト)と同じ使い方が出来ます。

実際に空間プロデュースの仕事をしていてもよくイラストレーターで指示図を作ってやり取りをします。
その場合イラストとして描いていたものが実際のお店になったりするわけです。

イラストレーターを使って絵を描くと一言で言ってもいろんな使い方が出来るんですね。
何か作ってみたいものがあったら是非一度スクールの際にご相談ください。作りたいものを実現するためのイラストレーターの使いかたお教えします。






ツールとしてのIllustrator

(2011年11月6日(日) 3:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

実務7年・デンマークの有名デザイン事務所での勤務も。DTP指導経験あり

ブログ記事 ページ先頭へ