サイタWeb・デザインスクールIllustrator教室東京 デザインクラス_I スクールブログ 東北の職人魂を...

東北の職人魂を見に行く

ミッドタウン・ガーデンの21_21 DESIGN SIGHTで
7/26~7/31まで開催される
三宅一生の「東北の底力、心と光」が楽しみだ。

彼の代表作のひとつ、プリーツプリーズはご存知の方も多いと思います。

会期中には、展示や映像上映のほか、東北で実際にものづくりに携わる人々が連日登場し、紙衣、原始布、こぎん刺し、裂織、ニット、プリーツ、ホームスパンなどをテーマにしたトークや公開制作を行うそうです。また、東北の文化と精神に触れる詩の朗読会や音楽の演奏会も開催予定です。

80年代からイッセイミヤケのパリコレを支え続けた
ものづくりの原点は見る価値アリ!

東北の職人魂を見に行く

(2011年7月22日(金) 0:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

実務30年以上!化粧品デザインやブランドの立ち上げ経験も聞ける

新着記事

ウォルトディズニーの言葉です。 彼がデビューさせた一匹のネズミ、ミッキーマウスは最初カワイクありませんでした。 むしろきらわれものでした。 それから段々と出会いが多くなり ミニーマウスや、プルートに出会う頃には 耳や口、足などがおおきくなって 黒目がちだった目も白目がつきハンサ...

Bunkamuraで開催中の「フェルメールからのラブレター展」に行って来ました。 フェルメールは過去何回か展示されているけれど、 今回は「手紙」がキーワードになっているもの4点と同時代の作家の絵画展。 ラピスを原料にしたウルトラマリンブルーをたっぷり使った<手紙を読む青衣の女>。...

先月中旬まで、奈良国立博物館で行われていた正倉院展。 どうしても見たいと思っていたものがあって、いそいそと出掛けていった次第です。 通称「らんじゃたい」。 黄熟香「おうじゅくこう」という香木を一見してみたかったんです。 切り取った木片をたいて香りを楽しむ当時の最高階層の贅沢品。 その...

革新的な製品で時代を切り開いてきたスティーブ・ジョブズ氏がついに天国へ旅立ってしまった。 ただ、かれの死によってアップルの将来がどうなるかは、あまり興味がない。 アップルという会社ではなく、 魅力的なサービスや製品を、まるで未来から持ち込むように プレゼンテーションしてくれる彼の姿...

チャカチャカチャカと鉦がなり始め、ドドドドンと和太鼓が響き、それに笛の音が通る。 この季節のクライマックス、高円寺阿波踊り。 いつも陣取るルック商店街は道幅が狭いので、その分、連との距離がちかく、躍動感やリズムを体感するのに最適だ。 正当派、パフォーマンス派、さまざまな連が精...

ブログ記事 ページ先頭へ